2007年1月26日 (金)

「秋山清紀行 12」

 一九八〇年代後半から九〇年代前半にかけて、わが国はバブル景気に沸いていた。高度資本主義社会段階の到来が、社会主義という理想社会を超えてしまったといわれた。八八年九月、昭和天皇裕仁の容態が悪化。想像を絶する報道管制が敷かれていく。世情の高景気と天皇が崩御へと向かおうとしているなか、秋山清は十一月十四日、八十四年の生涯を閉じた。やがて、バブルが崩壊し前代未聞の低成長、景気低迷へ向かう。そしてソ連邦をはじめとした社会主義国家群は解体へと至り、世界はアメリカ一国支配へと変容していく。秋山が一貫して主張していたことは、そうした表層的な情況に左右されず、自分たちの立っている場所を見失うことなく凝視していくことだったように思う。かつて大正期のアナ・ボル論争について、アナキストの理想主義的な考えがボルシェヴィキによって異端視されていたと述べていたが、秋山だったら、現在のこの閉塞した情況のなかで、僅かばかりであってもその通路を見出そうとしたに違いない。社会主義の失墜が、まるで理想社会のイメージが喪失したことのように捉えるのは間違いであるというように。天皇の死の二週間後、八九年一月二一日、お別れ会が催された。一二〇名に及ぶ参列者全員が菜の花を献花して、秋山の死を惜しんだ。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』07.2.3号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

「秋山清紀行 11」

 大正十二年四月、日大予科入学のため上京した秋山は、けっして恵まれた学生生活を送れる身分ではなかった。まもなく夕方から京橋・第一生命の建物のエレベーターボーイとして働くことになる。当時を振り返って秋山は、「私が経験したはじめての社会だった」し、「そこで学んだことも多かった」と述べている。また、学友として斎藤峻を知る。斎藤と出逢わなければ、「詩を書き、そして詩集を出す」ことはなかったし、「バクーニンの破壊の思想」も知ることがなかった。後に、斎藤とともに詩誌『詩戦行』を創刊する。戦後は、『コスモス』にも参加し、長い関係が続いた。
 この年の九月一日に関東大震災が起きる。そして、この大震災を挟んで、「東京に行って機会があったら会ってみたいと思」っていたふたりの人物が相次いで「平和ではない死に方によって」亡くなっている。有島武郎(七月七日に女性と共に縊死していたのが発見される)と大杉栄(九月十六日に虐殺される)だ。秋山にとってふたりの死と大震災は、大きな衝撃と悔恨さらには傷痕を残すことになる。十九歳という青春期の渦中で、秋山が送った大正十二年という年は、その後の秋山の生きかたや考えかたに大きな影響を与えた時期だったことは間違いない。  

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.12.2号)

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

「秋山清紀行 10」

 戦後の秋山にとって主たる活動の場として新日本文学会、詩誌『コスモス』といった文学的な場や、日本アナキスト連盟、それに連なる麦社を通しての営為を挙げることができるだろう。だが、もうすこし秋山らしいスタンスを象徴するものとして、六〇年安保闘争時の六月行動委員会への参加、六六年秋のベトナム反戦直接行動委員会の裁判支援、七五年の反日武装戦線に参加し逮捕時に自死した斎藤和の追悼会への関わりといったことに視線を這わせてみたい。もちろん、それはこれらの出来事が戦後の反体制運動のなかでも重要な思想的意味を内包しているからだ。自筆年譜の六〇年時の項目に秋山は、ただ「安保反対のデモに行く」としか書いていないが、秋山個人としての思いから六月行動委員会へ参加し行動したといえるはずだ。そして特記すべきは構成メンバーのなかでも五六歳という最年長にちかいことであった(吉本隆明が三六歳、埴谷雄高は五一歳であった)。「自立学校」を通じて知り合った笹本雅敬が中心メンバーとして参画した田無軍需工場襲撃行動によって生起した裁判闘争のカンパ支援として詩集『白い花』を出版。さらにベ反委のメンバーでもあった斎藤和との継続した関係と、時間の連関は深い場所を射ている。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.11.4号)

| | コメント (0)

2006年9月29日 (金)

「秋山清紀行 9」

 秋山は詩人・金子光晴と親近なる関係であった。年齢は金子が九歳上だ。一九三五年、秋山三二歳の時、牛込の金子宅を訪ねたのが最初の邂逅だった。爾来、戦前は雑誌『詩原』を、戦後は『コスモス』をふたりは一緒にはじめるというように詩をめぐる関係が続くことになる。秋山の記念すべき第一詩集『象のはなし』は、金子の編集によるものだ。秋山は、金子の多くの詩集、著作の編集に関わっている。「秋山清は、金子光晴の生活についてもっともよく知っている詩人のひとり」(吉本隆明)であったからなのか、例えば、金子没後三年に編まれた、『現代詩読本・金子光晴』の巻頭座談会で、他の出席者・田村隆一、飯島耕一がともに終始一貫、「金子さん」と発言しているのに対して、秋山は「金子」と敬称なしで押し通している(後半で数箇所ほど“さん”づけをしているが)。実際にはどうお互いに呼び合っていたかは分からない。だが、年齢差を越えて、敬称なしで応答できる率直な関係だったに違いないと、秋山のいい方は思わせる。そしてそれは金子が秋山を評してこう述べていることにもいえることだ。
 「彼と僕のあいだにマサツはあまりない。秋山も、僕も、人間を額面だけで認識していないからだ。」

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.10.7号)

| | コメント (0)

2006年8月25日 (金)

「秋山清紀行 8」

 七八年十二月、新宿で北冬書房の忘年会が催された。映画監督(鈴木清順)、美術家(赤瀬川原平)、漫画家(つげ義春、林静一、かわぐちかいじ)たちと並んで和やかに年の暮れを過ごす秋山清がそこにいた。『反逆の信條』の「あとがき」で「七二年秋から私は、戦後に加わっていた団体の会員や同人などというものの一切から自分を退かせた」と述べている。理由は「ひとり、になって……自由にふるまってみた」かったからだ。出席者が十数名と小さな集まりであったからかもしれないが、秋山は誰よりも楽しそうに饗に応じていた。秋山と鈴木清順はその時はじめて邂逅したのではない。七二年、大杉栄追悼講演会で、秋山が司会を、鈴木が講演をしている。また、鈴木のエッセイ集『夢と祈祷師』では巻末対談(「漂泊の思想」)を行っている。この対談で秋山は、「若い時にはたいていの者が漂泊してみたいという気分になった経験があると思いますけれど、それは自分の住んでいる社会に対する異和感とか反感のようなもので、それは本当は人間として大事にしなくてはいけないものだと思うんです」と語っている。鈴木清順やつげ義春らに囲まれながら秋山清は、そんな思いで「流浪のうた」をみんなの前で披露したに違いない。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.9.2号)

| | コメント (0)

2006年7月22日 (土)

「秋山清紀行 7」

 「猫を叱る」という詩篇(一九三二年)がある。「母の夜のねむりをさまたげぬよう/夜中すぎにかえってきたぼくを、歓迎して/もつれて甘える猫を叱る。」というものだ。十九歳で上京した後、九州から呼び寄せて同居していた母への優しい想いとともに、猫への独特の眼差しがなんともいえない夜の雰囲気を醸し出しているいい作品だ。動物好きでもある秋山清は、二匹の猫と黒い犬一匹を飼っていたが、三四年から数年間にわたって、「山羊」を十数匹、自宅で飼っている。山羊の乳を売って生活の糧とするためだ。“山羊飼いの仕事”を始める前に、山羊をモチーフにした詩篇を書いている。「山羊の仔の/生れて十日目の野性は/人間にむかってたたかい挑む。」(三三年)という、やや激しい詩語に満ちたものだ。それが、翌年の作品になると、一転、「山羊を飼い/乳をしぼり/今年も半年ちかくすぎてしまった。/しらずしらず、この毎日だ。」となる。一連の、「山羊詩篇」といわれるものだ。激しさと静謐さは、時代の影を象徴している。三五年十一月、無政府共産党事件に連座して数日間、特高の取り調べを受ける。今後も起きうるであろう自分の不在によって世話が出来なくなることを考え、やがて山羊飼いをやめてしまう。 

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.7.29号)

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

「秋山清紀行 6」

 戦前、多くの詩誌に参加し、戦時下では木材関係の業界紙にいたことがある秋山は、雑誌や新聞の発行のために執筆・編集ばかりではなく、付随する様々な業務を当然のこととして、労を厭わなかった。秋山は、漫然とした書き手でいることをよしとしない。だから、率先して自分の関わる誌紙の裏方的な仕事もこなしていこうとする。戦後、秋山は、『新日本文学』、『コスモス』、『自由連合』を活動の中心としたが、どの場所でも、ただ文章を書いて、それが発行されるのを待っているといったスタンスはとらない。編集・校正から、印刷所や紙問屋との交渉など、発行継続に必要な仕事をよく知っていたから、それを自分の仕事として引き受けてやっていたようだ。これは、よくいわれるように、秋山がもっている粘り強さからくるものだが、「本性ではなく、彼の経験のたまもの」だと捉えたのは金子光晴であった。金子はそんな秋山をゴムのような伸縮自在性にからめてゴムさんという仇名があることを述べている。『自由連合』の校正を印刷所で秋山一人が黙々とやっていたというエピソードがある。アナ連機関紙(月刊)発行の裏方的仕事が秋山一人だけに負荷されていたとは思わないが、持続性を矜持とする秋山らしい伝聞だと思う。 

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.7.1号)

| | コメント (0)

2006年5月28日 (日)

「秋山清紀行 5」

 秋山には戦前、三冊の著書がある。いずれも高山慶太郎名義で『南洋の林業』、『チークの話』、『日本の木、南の木』とすべて、木材関係の専門書や入門書である(戦後の著書はもちろんすべて秋山名義)。秋山が参加していたアナキズム系詩紙『文学通信』(三五年終刊)には、局(つぼね)清詩集『山羊詩篇』の近刊予告が載っていたが、刊行されることはなかったようだ。戦後も、この高山、局のふたつの筆名は秋山名義と並行して、六十年代末頃までしばしば使われていた(それ以外にも、夏川小吉、秋村清司など多くの筆名を使用している)。局は、母方の姓であり、秋山の出自にまつわることを考えれば、局清という筆名に、ひとつの想いと強い意志が感じられる。高山はどうだろうか。筆名のいわれに諸説あっていまひとつ確かなことは分からない。それでも著書が三冊もあることを思えば、重い意味を込めているといっていいだろう。わが国では戦前はもちろんのこと、戦後しばらく木材事業は重要産業であった。秋山は、木材通信社という業界紙を発行する会社に勤めていたが、国家基幹産業に関係する仕事に従事しているというよりは、年少の時から草花や木々が好きだったことを考えれば、熱意を持って仕事を遂行していたように思う。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.6.3号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

「秋山清紀行 4」

 秋山にとっての本格的な詩活動は、一九二四年、二十歳の時、斎藤峻らとともに創刊した詩誌『詩戦行』から始まる。以降、『単騎』(後に『矛盾』と合併)、『黒色戦線』、『弾道』、『解放文化』、『文学通信』、『詩行動』、『詩作』、など、戦前の苛酷な情況の中でそれらの雑誌を通して活動していった。「アナキズム的な立場からの文学活動として発行されるのでありながら、必ずしもアナキズムを同人たちに規制しようとはしなかった。運動の進め方として(略)ただ強制は非人間的で反自由である、という考え方が重んじられた」と後に秋山はそれらの雑誌について述懐しているが、その後の詩法や思考の所在を定める重要な契機となったことは確かだ。例えば、無政府共産党事件による総検挙によって七号(三五年十一月)で潰された『詩行動』は、編集発行人・清水清によれば、実質的に戦前最後のアナ系詩雑誌だった。翌年、二・二六事件が起きるが、秋山は詩「ある朝」をすぐに発表している。清水は、「その歴史的な事件に殆んどの詩人が触れ得なかった」ことを強調しながら、「叫ぶのではない方法に拠ったから書けたのである」と評している。詩「白い花」にも通じる秋山の一貫した視線を、清水は『詩行動』の方法だったと述べている。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.4.29号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋山清紀行 3」

 秋山清には、後に詩集として纏められた「ある孤独」と題した一連の詩篇がある。制作年代でいえば、一九五四年から六七年にかけて、詩誌『コスモス』やアナ連機関紙『自由連合』を中心に精力的に詩や文章を発表していた時期にあたる。戦時下の作品「白い花」は、秋山の代表的な詩篇とされているが、「ある孤独」は、秋山の思考の核を最も表わしている重要な作品群であるといっていい。秋山は、「内なる私自身と外なる社会的時間との対決交錯の上に」、詩集『ある孤独』は成り立っていると後年、述べている。これは、「個」が、「孤」であることを知るところからしか、「社会的時間との対決交錯」はありえないと表明していると捉えることができる。だから、「ひとり立っていられるのでなくて、どうして連帯が可能たり得るか」という思いから、次のような詩篇が紡ぎ出されていくのだ。
「おれが憎んでいる。/群衆を。(略)あっという間の六月十九日、夜明け。/白っぽけた堤燈デモの紙いろ。(略)早朝の街上を遁走するおれたちが/群集でもなく。/民衆ですらもなく。/ 何なのだ。/ 千万匹のなかのおれひとり。」(「ある孤独―六月十九日」)
 六〇年安保闘争を回想した詩だ。ここには、秋山の「孤」が際立っている。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』06.4.1号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧