« 暮尾 淳 著『暮尾淳詩集 生きているのさ』           (川島書店刊・21.1.11 ) | トップページ | 「アイヌの手仕事」をめぐって »

2021年2月27日 (土)

藤田晴央 著『空の泉』(思潮社刊・20.12.25)

 前詩集『夕顔』から、七年ぶりに刊行された新詩集は、詩篇の一作一作に込められた詩語は、これまでの藤田晴央の詩世界とは幾らか違う装いを表出しているような気がしてならない。藤田とわたしは、詩人・清水昶を介して知りあい、四十年以上の時間を共有してきた。清水昶が亡くなって、まもなく十年になる。わたしは、清水昶が亡くなった年齢を超え、藤田は今年、清水昶の享年に辿り着く。清水昶がよく述べていたいい方でいえば、歳月茫々といっていいかもしれない。詩の言葉も、批評の言葉も表出する側の年月が刻まれていく以上、ささやかな変容は素直に受け入れていくべきかもしれない。
 「陽が射し/雪が溶け/あかるい木肌をみせる/切り株が/しめった切り口いっぱいに/空を吸い/(略)/手を伸ばし/空に触れようとしている/空に触れながら/わたしの頰にも触れる/(略)/わたしは立ちつくし/空を仰ぐ/亡くなったものの/生きていた時間は/切り株の樹影のように/青々と/そよいでいる」(「切り株の樹影」)
 「空を吸い」、「空に触れ」、「空を仰ぐ」という詩語を受けて、「亡くなったものの/生きていた時間」を潜在させていく。本詩集の「あとがき」に、著者は、「『夕顔』を出したのは二〇一三年だった。その前年、私は長年連れ添った伴侶を病のために失」ったことを記している。わたしも親しくさせていただいた伴侶の雪乃さんは、一二年一一月一四日に亡くなられた。五七歳だった。
切り株と空との往還は、生命の有様を投影していくことになる。
 「ひとつの風から/ひとつの風へと/移り また移り/わたしは上昇してゆく/空へ」(「風の接線」)、「しゅう ぽうん/ときの闇にあらわれる/いのちの火花//おまえが亡くなってから/二回目の夏/しずまりかえった寝室にとどく/遠い花火の音/しっこくの夜空に咲きちる火の花たち」(「花火」)、「あなたが亡くなった秋/その秋と同じように/彼方から白鳥が/空を青く染めている//あの秋から/空が広くなった」(「あの秋から」)
 著者は、追憶の年月を空へと思いを託すことになる。
 「わたしは上昇してゆく/空へ」、「しっこくの夜空に咲きちる火の花たち」、「青く染めている」空、「広くなった」空、空は、ただ天空にあるものではない。「切り株の樹影」の詩篇のように、生きてある場所、つまり切り株が根を下ろしている地面という場所と繋がっていることをこれらの詩篇たちに著者は語らせている。それは、物語には終わりはないということであり、語れば語るほど尽きない物語が湧いてくることを意味する。「詩とは、そのこんこんと湧いてくる泉である」(「あとがき」)と著者も述べている。
「黙々と雪かきをしていたら/スコップが切った雪の中に/小さな裂け目があり/そこだけが青い/水色と藤色の中間くらいのほの明るい青/空の色を映しているのかと見あげても/灰色の雪空」(「雪の裂け目」)
雪に空の色が映ってみえると思うことの鮮烈さ、反転して「灰色の雪空」だったとしても、空と地面は繋がっているのだ。
 「あの秋の暮れ/全身から/いのちの小人たちが火の粉のように/空に昇っていったのだから//今 たましいは/この無数に降りしきる雪にのって/舞い降りているのだろう/(略)/ふり仰ぐ頭上に/たましいの泉があり/わたしは/湧きでるものに/のどをうるおしている」(「空の泉」)
 わたしたちは、一人で生きているわけではない。大勢の人たち(家族であり、友人であり、知人であり、見知らぬ人たちでもある)の生の日々、時間性のなかで、地面に立ち空を見上げてきたといってもいい。「全身から/いのちの小人たちが火の粉のように/空に昇っていった」物語をわたしは、共有できる。生も死も、「たましいの泉」のなかにある。そう思うことは、けっして難しいことではない。もちろん、それは、わたしたちが確実に、多くの時間を重ねてきたからだということになるとしても、一日一日を刻んでいくことで、日々の流れは、豊饒なものになっていくはずだと、藤田晴央の新詩集は伝えているのだ。

(『図書新聞』21.3.6号)

|

« 暮尾 淳 著『暮尾淳詩集 生きているのさ』           (川島書店刊・21.1.11 ) | トップページ | 「アイヌの手仕事」をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮尾 淳 著『暮尾淳詩集 生きているのさ』           (川島書店刊・21.1.11 ) | トップページ | 「アイヌの手仕事」をめぐって »