« 大澤正道著[解説・森元斎]『石川三四郎 魂の導師』     (虹霓社刊・20.8.31) | トップページ | 加藤英彦 著『歌集 プレシピス precipice』         (ながらみ書房刊・20.8.31) »

2020年10月31日 (土)

虚無の情感、無限の優しさ――鮎川信夫『宿恋行』

 わたしにとって、鮎川信夫は戦後詩、現代詩を開いてくれた存在だった。「繫船ホテルの朝の歌」、「橋上の人」は、物語詩といっていい世界を湛え、わたしは、鮎川の詩に耽溺していった。亡くなる八年前に刊行された生前最後の詩集が、『宿恋行』で、逝去後の一九八七年に刊行された詩集が『難路行』である。『宿恋行』は、晩年というには早すぎる年代だが、そのような見方を強いる感性を湛えていたといっていい。四十年以上経ったいま、あらためて接してみても、その時の感受の有様を改変されることはない。それが、鮎川のひとつの達成だったといわれれば、そうかもしれないと思う。
 『宿恋行』には七三年から七八年まで、発表された順に二十四の詩篇が収録されている。しかし、前年七二年の十一月に発表された「宿恋行」という詩篇は中扉の裏に表題がないかたちで掲載されていて、本文の収録詩篇ではない。「白い月のえまい淋しく/すすきの穂が遠くからおいでおいでと手招く/(略)/五十年の記憶は闇また闇。」と書き記す、鮎川が五十二歳の時の作品だ。この作品に「宿恋行」と題して発表した鮎川の心意は、その時、わたしには分からなかったが、いまは不思議な言葉の漂泊がそこには感じられる。
 集中、「死について」という作品は「短歌」七六年六月号に発表された。五十代後半という年齢は、当時なら充分に晩年といえたことは確かだが、鮎川が語る「死」は、ボクシングが象徴化されていくことに意味がある。

 惜しまれる死に方をしなかったことで
 生きていることが心苦しくならなかったことで
 多分ぼくはまちがっているのだろう
 口笛を吹きながらするシャドー・ボクシングが死のレッスン。

 「シャドー・ボクシングが死のレッスン」という詩語が、深く心奥に突き刺さる。鮎川がボクシング好きであることは、知っていたが、それにしてもと思う。シャドー・ボクシングは、闘うために一人でやるトレーニングの方法だが、それを死のレッスンと捉えていくことが、もしかしたら優しい視線なのかもしれない。吉本隆明は、鮎川への「別れの挨拶」で、「わたしたちへの無限の優しさと思い遣り」、「虚無の情感」が射しこんでくると述べていたことをいま思いだす。           
                                   (『現代詩手帖』20年11月号)

Photo_20201029110801

 

|

« 大澤正道著[解説・森元斎]『石川三四郎 魂の導師』     (虹霓社刊・20.8.31) | トップページ | 加藤英彦 著『歌集 プレシピス precipice』         (ながらみ書房刊・20.8.31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大澤正道著[解説・森元斎]『石川三四郎 魂の導師』     (虹霓社刊・20.8.31) | トップページ | 加藤英彦 著『歌集 プレシピス precipice』         (ながらみ書房刊・20.8.31) »