« 雨宮処凛 編著                            『ロスジェネのすべて――格差、貧困、「戦争論」』          (あけび書房刊・20.2.20) | トップページ | 映画『半世界』、溢れる関係の物語 »

2020年6月27日 (土)

大野光明 小杉亮子 松井隆志・編               『社会運動史研究 2「1968」を編みなおす』             (新曜社刊・20.4.20)

 本書は、昨年の二月に創刊された『社会運動史研究』の第二集である。編者たちは、巻頭で次のように述べていく。
 「一九六八年は世界同時多発的に社会運動の高揚が見られた年であり、日本でも、大学闘争やベトナム反戦運動をはじめとして、社会運動史にとって重要だと思われる出来事がさまざまに起こった。当時のグローバルな現象は、「1968」と象徴的に呼ばれる。(略)「1968」の言葉が指し示そうとする出来事は、確かに歴史的・社会的に重要である。しかし、いささか粗雑な「1968」のイメージは、その重要性を理解するためにこそ、いったんほどいてみるべきだ。運動史のディティールに立ち返って再検証し、これまでのイメージや理論を書き換えていくことが、一九六八年から半世紀以上が経過した今だからこそ、必要だと私たちは考えた。」
 確かに、パリ五月革命と呼ばれた運動の中心にいたダニエル・コーン=バンディはアナキストだった。全共闘運動が広く生起していったのは党派が主導していった部分もかなりあるが、ノンセクト学生の多くが参加したことによって、可能となったことを忘れてはならない。運動論的な視線だけでは、必ずしもすべてを捉えていくことができないのは、自明のことである。
 嶋田美子の「矛盾の枠、逆説の華――名づけようのない一九六〇年代史をめざして」は、通例の運動史的視線ではみえにくくなる思想や文化、芸術といった側面を丹念に辿っている。そのうえで、六〇年から七〇年という流れをさらにそれ以後までを透徹しているといってもいい。
 嶋田は、「現代思潮社・美学校」(六九年二月創設)の研究を通して、その前史ともいうべきことに視線を射し入れていく。六〇年安保闘争時にかたちづくられた「六月行動委員会」(吉本隆明や埴谷雄高他、美術関係の人たちが多くいたことを強調しておきたい)、その後の「後方の会」、「犯罪者同盟」そして、六二年の「自立学校」、六五年の日韓闘争時の「東京行動戦線」、六七年の一〇・八より一年前に決起した「ベトナム反戦直接行動委員会」などを照射していく。
 「笹本雅敬はその後、早稲田の学生らとベトナム反戦直接行動委員会を組織し、六七年(引用者註・嶋田の記述は間違いである。正しくは六六年である)にはベトナム反戦の直接行動として当時ベトナム向けに自動小銃を製作していた田無の日本特殊金属工業を襲撃しました。」
 このべ反委の闘いに未成年だった斎藤和が参加している。彼は、後に「東アジア反日武装戦線による日本企業爆破事件」にかかわり、七五年、逮捕時に自死した。
 最後に、嶋田は次のように結んでいく。
 「六〇年代を通底し、1968年の全共闘運動に影響を与えたのは、一握りのイデオローグや大きな政党政治の動きではなく、これらの小集団や個人による、これまでの枠を超える自由への希求、「名づけようのない人間になるための」数々の試みではなかったのではないでしょうか。(略)個々の断片が積み重なり、つながり、鳥瞰図からは見ることのできない時代のうねりを作り、地下水脈となって現在に続いているのです。」
 かつて絓秀美は、一連の六八年革命論のなかで、七〇年の華青闘による七・七集会を高く評価していたが、同時期に望見していたわたしには、まったく首肯できない見方だった。そもそも、六八年を「革命」として捉えること自体、荒唐無稽といっていい。
 山本崇記は、「運動的想像力のために――1968言説批判と〈総括〉のゆくえ」のなかで、絓の華青闘への評価の言説を一蹴する。
 「第一に、切断の思想の典型であるという点である。そして、第二に、セクト(新左翼)主義的な歴史観であるということである。(略)マイノリティが「7・7を契機として、一挙に歴史の「主体」として浮上してきた」ということは考えにくいことであり、それまで「不可視だった存在」でもなかった。」
 「切断の思想」とは、「運動的想像力を喚起しない」歴史的時間を切断した論理ということになるわけだが、それは、やがて破綻していくしかない。例示するまでもないが、小熊英二の『1968』も、まさしく「切断の思想」といっていい。
 『東大闘争の語り』(二〇一八年)を著した小杉亮子は「〝1968〟の学生運動を学びほぐす――東大闘争論の検討」と題して、「二〇〇八年前後から、(略)一八年前後までに、当事者や研究者によって刊行された東大闘争論」を取り上げて論及していく。そして、『東大闘争の語り』のなかでも提示した「予示的政治」について述べていく。
 「予示的政治とは、遠い理想や目標を設定せず、運動のなかの実践や仲間との関係性のつくりかたによって望ましい社会像を予め示そうとする運動原理である。この予示的政治への志向性は、ノンセクト・ラディカルを中心とする東大全共闘派の学生たちが、新旧左翼政党・党派の運動原理である「戦略的政治」を批判し、それとは異なる運動を追求したことから形成された。」
 運動というものは、主導者がいて、共感していく人たちが連動していくことではない。そこにひとつの関係性、つまり開かれた共同性を形成していくことが切実なことなのだ。
 本書の特集は、他に、阿部小涼「拒否する女のテクストを過剰に読むこと」、山本義隆「闘争を記憶し記録するということ」、古賀暹「『情況』前夜」(聞き手・松井隆志)がある。特集のみに触れただけだが、一号に比べてさらに重厚な一冊になったことだけは、強調しておきたいと思う。
 三号は、来年の七月刊行予定である。

(『図書新聞』20.7.4号)

 

|

« 雨宮処凛 編著                            『ロスジェネのすべて――格差、貧困、「戦争論」』          (あけび書房刊・20.2.20) | トップページ | 映画『半世界』、溢れる関係の物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨宮処凛 編著                            『ロスジェネのすべて――格差、貧困、「戦争論」』          (あけび書房刊・20.2.20) | トップページ | 映画『半世界』、溢れる関係の物語 »