« つげ義春 著『つげ義春日記』                  (講談社文芸文庫、講談社刊・20.3.10) | トップページ | 吉本隆明との〈通交〉をめぐって »

2020年5月23日 (土)

ドナルド・キーン 著                           『新潮選書 日本文学を読む・日本の面影』           (新潮社刊・20.2.24)

 ドナルド・キーンは七〇年前後に、三島由紀夫を評価するアメリカ人研究者として、その名を意識したのが、最初だったと思う。だが、わたしは三島に耽溺するほど愛読することはなかったから、キーンについても、それほど近接してこなかったといっていい。それでも、日本国籍を取得して最後の場所としてわが列島に居を構えた時は、素直に驚嘆した。そして一九年二月、九十六年の時間を閉じたわけだが、日本人以上に、〈日本的〉なるものを愛惜してやまなかった心性は、鮮鋭なものだったと、思わないわけにはいかない。
 「日本人には「ぼかし」の趣味がある。はっきりしたものより、ちょっとあいまいなものを面白がります。はっきりしたものならば意味は一つしかありません。しかし、ぼかした意味や、二つの意味にとれるような文章には、より深みがあり、より楽しみがある。」「戦争がはじまっても作家活動をやめませんでした。おそらく太平洋戦争中の四年間にもっともいい作品を書いた作家は太宰治だったでしょう。」「三島さん(引用者註・三島由紀夫)は、太宰の文学は嫌いだ、自己憐憫の文学だと何度も私に言っていました。三島さんの立場はそうでしたが、もし彼が意識的に太宰とは別の文学を目指していなかったとすれば、太宰文学と同じようなものを書いただろうと思います。」(「日本の面影」)
 「日本の面影」は、一九九二年、NHK教育テレビ「人間大学」での十三回分の講座テキストである。単行本、著作集いずれにも未収録である。最初の引用箇所は、「『徒然草』の世界――日本人の美意識」からだが、「「ぼかし」の趣味」といういい方が、文学的ではないところがいい。キーンは、文学的な視線を向けていながらも、そこに日本人像のようなイメージを潜在させているといえるような気がする。「ぼかし」は表現論としては優れたものなのかもしれないが、資質や感性といった位相をイメージすれば、「あいまい」といった負の様相を湛えてしまうからだ。さらにいえば、後段の箇所(「日本文学の特質」)で、「日本文学は〝余情の文学〟だ」と述べていくことに、それは通底していくといっていいはずだ。
 「近代の文学3――太宰と三島」から二カ所、採った。太宰治と三島由紀夫を並立させるところがいい。どちらも自死した作家といえるかもしれないが、キーンはそういうところに拘泥してはいない。三島と親しかったキーンならではの捉え方だと思う。
 集中、次のような箇所に惹かれる。「戦争中、谷崎先生は軍部に全く協力しませんでした」、「荷風は戦争には全く非協力的でした。あれほど戦争に協力しなかった日本人はほかにいなかったと思います」と述べていくキーンは、太平洋戦争開戦時、海軍の日本語学校に入学する。日本軍の書類の翻訳や、捕虜収容所の捕虜の尋問にかかわる。さらに戦地にも向かう。日本軍撤退後のアリューシャン列島のアッツ島(アナキスト詩人、秋山清の詩「白い花」によって、わたしは知った)とキスカ島、そして最後は沖縄だ。
 「日本文学を読む」は、四十九人の作家論と「現代の俳句」の項目を含む文学史的視線からの論集である。一九七一年から七七年まで雑誌「波」に連載されたものを纏めたものだ。敢えて、大岡昇平をめぐる論述を見てみたい。一九四五年三月、キーンはレイテ島の日本兵俘虜収容所へ向かった。ジープの運転手が「あいつらは仕合せだ。フィリピンのゲリラに捕まった日本兵はなかなか収容所まで着かないんだ」と言ったことに対して、キーンは次のように述べていく。
 「「仕合せだ」という気配は何処にもなかったが、私は生が死よりましだと単純に信じていたので、運転手の言葉に頷いた。俘虜の一人が大岡昇平であったことを何年か後で知った時、感無量だったが、その時は、柵の中に立っている兵士に特別の関心を示さなかった。(略)大岡の『俘虜記』を読んだ時、その頃のことが目の前に浮かんで来た。そして外国人である私は、現在の若い日本人よりも当時の大岡の心境を理解できるのではないかと思った。(略)私は人間のさまざまの醜態の中で戦争ほど嫌なものはないと信じ、心から反戦主義者であるつもりだが、戦争の体験を忘れようとはしない。(略)私が大岡の文学を読む時、戦争の犠牲者同士として感情移入できると思う。」
 このキーンの言葉は、日本人以上に、〈日本的〉なるものへ心情を仮託できることと通底していくと、わたしならいいたくなる。キーンが十八歳の時に、『源氏物語』と出会って、〈日本的〉なるものへと傾注していくが、まもなく、日米開戦となる。「大岡の文学を読む時、戦争の犠牲者同士として感情移入できる」からこそ、日本文学を通観する膂力を培っていったのかもしれないし、わたしたちが未知に思う様相に対して、共感しうる豊饒な感性を絶えず湧きたたせることができたからだといえるかもしれない。
あらためて、ドナルド・キーンの世界の広大さを思わないわけにはいかない。

(『図書新聞』20.5.30号)

 

|

« つげ義春 著『つげ義春日記』                  (講談社文芸文庫、講談社刊・20.3.10) | トップページ | 吉本隆明との〈通交〉をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つげ義春 著『つげ義春日記』                  (講談社文芸文庫、講談社刊・20.3.10) | トップページ | 吉本隆明との〈通交〉をめぐって »