« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月 7日 (土)

岡本勝人 著                                   『詩的水平線―萩原朔太郎から小林秀雄と西脇順三郎』    (響文社刊・19.9.10)

 「詩的水平線」とは、なかなか意味深い書名だと思う。詩的なるものや、思想・文学表現の位相は、様々に繋がっていくものだと思う。ひとつの系列が縦割りのように繋がるのではなく、幾重にも折り重なって拡張されていくのが、表現の水位といえるはずだ。著者が本書で指向していくのは、萩原朔太郎を起点として小林秀雄と西脇順三郎の表現の有様における詩的水平線(地平線)を切開していくことにある。
本書の開巻、萩原朔太郎の詩「夜汽車」が引かれる。「抒情詩を唱える朔太郎の反自然主義態度は、象徴詩運動にみる音楽性に詩的優位をおくものであった」と述べた後、次のように繋いでいく。
 「詩はひとりで書くものであるが、大正期の北原白秋、室生犀星、山村暮鳥、萩原恭次郎という「無名にして共同なる社会」の一員として、詩作に精力をついやしていたころである。」
 本書では、このように「無名にして共同なる社会」という捉え方が、基調となって流れていく。後段において、西脇順三郎と小林秀雄の「青春の時代は、大正期に重なっている。大正期の教養主義の坩堝のなかに、二人の教養があったことはいうまでもない」と述べながら、著者は直截に記していく。
 「二人はとても近い関係にあった。小林秀雄や西脇順三郎にも、確かな時代の空気である深層に、「無名にして共同なる社会」があった。」
 この、「無名にして共同なる社会」という視線を、著者は、「鮎川信夫が起草したといわれている「Xへの献辞」の文章」に拠っていて、「「閉じた社会」から「開かれた社会」への転換をはたし、詩を書くうえでの生活の上によみがえってくるのである」と述べている。しかし、わたしなら、「社会」を前提として措定するのではなく、鮎川信夫が『戦中手記』のなかで記しているように、「思想は精神たちをあつめた無名にして共同のものであ」るということのほうが、共感できるといいたい気がする。「思想」は、「文学」、「芸術」に置き換え可能なのはいうまでもない。
 さて、本書の中心へと向かってみる。
 「小林秀雄の「中世古典論」から戦後いち早く発表された『モオツァルト』を執筆する散文(エッセイ)の幅と、西脇順三郎の『Ambarvalia』から戦後いち早く発表され発行された『旅人かへらず』の詩のエクリチュール(書記)の幅をひとつの軸とすれば、そのように時代の転換期を通過した小林秀雄と西脇順三郎のふたりのタイムラグの幅に、文化の幅と文化を架橋する現代的可能性が仄みえるといえるだろう。(略)ふたりのクロスする戦中から戦後という「戦争期」の文化の詩的地平線をとらえ、日本文学の、特にテクノロジーによる革命を内在させる近代を通過した現代社会にたいして、「戦後」というものを超える詩的現代の問題性が、文化を架橋する層として存在してみえてくると言えるだろう。」
 「萩原朔太郎は、故郷との葛藤のなかで、自らの言語の構造に無意識裡に目覚めている。精神のうちから、文語調をつきあげている。そこに朔太郎の故郷のイメージも、結ばれていた。(略)近代の運命のなかに生きた萩原朔太郎にたいして、故郷への帰郷を果たし、死に水をとられる西脇順三郎は、文語調ではない言語のネットワークの自由な詩をつむぎ、それはある意味で、空や無のような無色で幸せな帰郷をしたと言わなければならない。」
 小林秀雄の戦前期のドストエフスキー論から『モオツァルト』へと至る軌跡と西脇順三郎の『Ambarvalia』から『旅人かへらず』への軌跡は、ともに戦時下を通過していくにもかかわらず、確かに、そこでは詩的水平線(地平線)を架橋していると見做すことができる。それは、二人の表現者が一貫して自らの立ち位置を、情況的な事態に絡めとられることがなかったからだといいたくなる。
 朔太郎と西脇は、「故郷」という原像に、複雑に絡み合っている。二人の詩人にとって、「故郷」は、詩魂が宿る場所なのである。だから「故郷」も詩的水平線を架橋していくといっていい。
 著者の論旨に誘われながら、戦前期から八〇年代初頭にかけての詩魂の地平は豊饒なものだったことが、確認できる。最後に著者は、「詩的現代の問題性について考え、論ずることは、とりもなおさず、詩について考えるヒントを明示することであろう。詩を書くことを欲望論とするために、もういちど、現代社会のなかで、孤立し、社会的効用から切り離された詩そのものへと立ち返りながら、詩の実態とその存在の意義について、考えてみようと思う」と述べている。むろんそのことに、わたしは率直に同意したいと思う。

(『図書新聞』20.3.14号)

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »