« 開かれた思考が伝わってくる | トップページ | 山田勇男・著『白い夢』の世界へ »

2019年8月10日 (土)

追悼・梶井純

 梶井純(本名・長津忠)さんが、七月二三日午前三時、虚血性心疾患で急逝された。七八歳。梶井さんとわたしが初めてお会いしたのは、権藤晋(高野慎三)さんが紹介するかたちで歓談した時で、七一年頃だったと思う。梶井、権藤両氏が、石子順造さんと菊地浅次郎(山根貞男)さんとともに、漫画評論誌『漫画主義』を創刊されたのは、六七年だったから、梶井純という名前は、ある種の憧憬感を抱いていたが、太平出版社の編集者の長津忠さんにたいしては、わたしが『性の思想』(六九年刊)、『われらの内なる反国家』(七〇年刊)を既に購読していて、たぶん、そのことを話したような記憶がある。わたしが二十代前半、梶井さんは三〇歳前後の頃になる。
 漫画評論家としての梶井さんは、貸本マンガ(『戦後の貸本文化』・七九年刊)と戦時下マンガ(『執れ、膺懲の銃とペン 戦時下マンガ史ノート』・九九年刊)に関心の方位が向けられてきた。一方で、骨董趣味があり、『骨董紀行』(九二年刊)、『骨董遊行』(九六年刊)の二冊の著書がある。そういえば、梶井さんから骨董について、いろいろ教えてもらったことを思い出す。また、『トキワ荘の時代 寺田ヒロオのまんが道』(九三年刊)という著書が、近々、文庫化の予定で進行中だった。
 つげ義春編『山野記』(八九年刊)に、梶井さんは「古董旅日記」を、わたしは、「高遠行」という論稿を寄せたのだが、梶井さんに、わたしと君の論稿が趣旨から外れるのではないかとつげさんは心配していると思うよと言われて、確かにそうだなあと考えてしまったが、刊行後、特に厳しいことをつげさんから言われることなく、ほっとしたことを今でも覚えている。ちなみに、梶井さんの論稿のなかに、わたしが撮った近江八幡の「家並」と「掘割」の二枚の写真が使われている。
 九九年、権藤晋、三宅秀典、三宅政吉、ちだ・きよし、吉備能人(この筆名は、梶井さんが考えたものだ)諸氏と「貸本マンガ史研究会」を設立。会誌『貸本マンガ史研究』を発行。わたしは会誌には、何度も寄稿させていただいた。近年は、アナキスト詩人・秋山清さんを偲ぶ「コスモス忌」でお会いする機会が多かった。だんだん、足腰に不安があり、奥さんのサトノさんとの同伴が多かったけれど、ここ二年ほどは欠席が続いていた。
 梶井さんは、『秋山清著作集』の「月報」に次のような文章を書かれている。
 「秋山さんは、かけ出しの編集者だったわたしたちにやさしかったように、無知なわかものには、だれにでも心やさしかったのではないか。しかし、いまでは秋山さんを知るわたしたちにはわかっている。そんな秋山さんのやさしさが秘めていたものが、慄然とするような思想的なきびしさを同伴するものであったにちがいないことを。」
 秋山さんをこの文章の書き手の梶井さんに置き換えてみれば、なんの異和感がないことに気づいてしまう。やさしさのなかに、「慄然とするような思想的なきびしさを同伴」していた梶井純(長津忠)さんが、いま、鮮明に浮かび上がってくる。

(『図書新聞』19.8.17号)

 

|

« 開かれた思考が伝わってくる | トップページ | 山田勇男・著『白い夢』の世界へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開かれた思考が伝わってくる | トップページ | 山田勇男・著『白い夢』の世界へ »