« 日本アナキズム運動人名事典編集委員会 編       『【増補改訂】日本アナキズム運動人名事典』        (ぱる出版刊・19.4.20) | トップページ | 映画『金子文子と朴烈』の世界 »

2019年4月30日 (火)

追悼・うらたじゅん

 うらたじゅんさんが二月七日に亡くなったことを、八日朝、ご主人からの電話で知った。もちろん、この時、ご主人と初めて話したことになる。
 〇二年二月、「胃潰瘍だと軽く考えていたら、胃ガン」だった。八月、「十七年間一緒に暮らした」猫のミルキイが亡くなる。うらたじゅんさんは、十七年間、癌との闘いだった。想像を超えている。言葉を記すことができない。
 うらたじゅんさんとは、九八年に三作品(「冬紳士」―『幻燈 1号』、「思い出のおっちゃん」―『ガロ』4月号、「天王寺夏絵日記」―『ガロ』7月号)に出会ったのが、始まりだった。最初の作品集は、『眞夏の夜の二十面相』(北冬書房・〇三年)である。うらたさんとは、何度も会ってきた。
 『アナキズム』誌には、三作品、発表している。「うわばみのおキヨ」(六号、〇五年六月)は、つげ義春さんが絶賛した。「こんにちは赤ちゃん」(十二号、〇九年八月)、そして、「バクーニンとノーブラ女」(十九号、一五年五月)である。山田勇男監督『シュトルム・ウント・ドランクッ』(一三年)にも映画出演をしている。十四年に会ったのが、最後だったかもしれない。その時に、バクーニン特集を『アナキズム』誌でやるので、作品をお願いしたはずだ。
 『眞夏の夜の二十面相』評をはじめ、作品評は、「図書新聞」紙上で行ってきた。うらたさんからは、俳句作品を掲載した作品集やいろいろな作品を掲載したものを贈っていただいている。どんな会話をしたのか、どんなふうに接してきたのか、明確にいえないまま、この文章を書いている。お嬢さんがいて、子どもが生まれ、おばあさんなったことは、「道草日記」(Web上の公開日誌)で知ることになるが、ご主人のことを含め、東京で会っている時は、何も聞いてこなかったように思う。わたし(たち)は、うらたじゅんさんと会ってきたことになるが、浦田純子さんとは会っていない。一九五四年一月四日、NHKラジオで「紅孔雀」の放送を開始。「第五福竜丸」が三月一日、ビキニ水爆実験で被爆。九月、武内つなよし「赤胴鈴之介」の連載開始。うらたじゅん(浦田純子)さんは、十一月六日に生まれた。

(『アナキズム文献センター通信』第47号―19.5.1)

 

|

« 日本アナキズム運動人名事典編集委員会 編       『【増補改訂】日本アナキズム運動人名事典』        (ぱる出版刊・19.4.20) | トップページ | 映画『金子文子と朴烈』の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本アナキズム運動人名事典編集委員会 編       『【増補改訂】日本アナキズム運動人名事典』        (ぱる出版刊・19.4.20) | トップページ | 映画『金子文子と朴烈』の世界 »