« 2018年2月11日 - 2018年2月17日 | トップページ | 2018年2月25日 - 2018年3月3日 »

2018年2月24日 (土)

新居 格 著『杉並区長日記――地方自治の先駆者』    (虹霓社刊・17.10.20)

 恐らく、戦前期の社会主義運動やアナキズム運動に関心を持っていたとしても、本書の著者、新居格(にいい・いたる、一八八八年~一九五一年)を知っている人は、極めて少ないと思う。
 例えば、アナキスト詩人・秋山清は、新居について「啓蒙的社会評論家として、アナキズム思想家として、文芸および文化批評家として、またユニークな短編小説家として、最後に、太平洋戦争後に東京都杉並区の戦後第一回の区長選挙に当選し(略)一個の知識人として多面的すぎるほどの特長を身につけた生涯」(「反骨の自由人 新居格」・七一年一〇月)を送ったと述べている。わたし自身、秋山の新居論に誘われるようにして、機会があれば、新居の著作に接してみたいと思ったのだが、いつのまにか閑却してきたのだ。それには、幾つかの事由があるのだが、たぶん戦時下でも情況とは距離を置いていたため、戦後直ぐに旺盛な執筆活動を開始し、ついには、一年間だったとはいえ四七年に杉並区長として、その任にあったことに、不思議な感慨を抱きながらも、なぜか、積極的に接近しようという思いが湧かなかったからかもしれない。だから、長い時間を要して、ようやく、いま新装版(五五年刊の『区長日記』を底本とし、七五年刊の『遺稿・新居格杉並区長日記』を適宜、参照)の本書を読むという僥倖を得たことになる。
 そして、読了後、わたしは率直に驚嘆したといいたい。新居格という人物像や、その著作活動を熟知していなくても、本書は、副題にもあるように、地方自治、あるいは行政というものはなにかということを、ほとんどリアルな視線で、〈現在〉を見通していることになるからだ。
次々と軽佻な知事に変わる東京都や排他主義の知事を生んだ大阪府の有様、さらには国会議員の劣化が、そのまま、地方議員にも汚染しているかのような、皮相な不祥事の頻出を思えば、杉並区長・新居格を、〈鏡像〉とすべきだと、わたしは、いいたくなってくる。
 「天下国家をいうまえに、わたしはまずわたしの住む町を、民主的で文化的な、楽しく住み心地のよい場所につくり上げたい。日本の民主化はまず小地域から、というのがわたしの平生からの主張なのである。/美しくりっぱな言葉をならべて、いかに憲法だけは民主的に形作っても、日本人の一人々々の頭の中が、相変わらず空っぽであり、依存主義であり、封建的であるのでは、なんにもならない。わたしは、日本中のあちこちの村に大臣以上に立派な村長ができたり、代議士以上に信用のできる村議会議員がぞくぞく出てくるようでなくては、本当の民主主義国家の姿ではないと思っている。」「彼らはいう。――君は理想主義者だから現実を知らぬ、と。だが、わたしはそれに対してこう抗弁することが出来る。/わたしが現実を知らぬというのは間違っている。ただ、君等と現実の認識に相違があるだけだ。そしてわたしは昂然といい放った。/君等の現実の認識とは、旧態依然たる現実が対象ではないか。それに反してわたしのは、進行形においてなされるのだ、と。」「首長は、外部にたいしましては全的に責任を負うものではありますが、内部的には各自がそれぞれに全責任を負うわけになるのであって、わたしたちの職場ではだれもが誰をも支配していないのでありまして、あるものは分担の相違だけなのであります。」
 当時、杉並区は人口三十万人だった。区長とはいえ、地方の県庁所在地の市と同じ規模を有していると考えてみれば、新居の首長としての構想は、大胆で斬新過ぎたといえるかもしれない。新居が杉並区長だった時から、七十年経ったことになる。だが、新居の地方自治の構想からは、大きく後退・停滞しているのが、現在的な様態だといっていい。
 「わたしたちの居住地区では区議会議員がある。そのうちで、都議会議員に可能性があると思うものは、この次には都議会に出るという気になるのだ。(略)次には国会ということにする。そこに根本的な誤謬があるので、その連中は初めから自治体の意義を知らず、小地域ながら自治体のためにつくすことがいかに尊貴なことであるかを弁えないのだ。」
 そもそも、〈政治家〉は、パブリックサーバントであるべきである。しかし、いつの間にか、自らの地位に権力という媚薬があることに酔いしれていく結果、たんなる上昇志向という病に罹っていくことになる。
 地方行政が、国からどれだけ多くの予算を配布してもらうかということに汲々としている限り、地方自治というのは幻想態に過ぎない。国から村へと至る現在の垂直的な構造を考えてみれば、新居が描く、「まず小地域から」というベクトルの可能性は、明らかに至難なことに思えてくる。「政治力とは、他の区を出しぬいて都からより多くの交付金(略)をせしめることなのか」と新居は憤怒する。選挙の度に住民のためといいながら、当選してしまえば、自らの地位に連綿としている〈政治家〉たちがゾンビのように蔓延っていては、〈政治〉は、わたし(たち)の〈生活〉と相反する位相でしかないと断定していい。
 持病であった腎臓疾患が悪化せず、少なくとも、数年、杉並区長を続けて、新居格の〈理想〉の落葉でも残してくれていたならと思わずにはいられない。

(『図書新聞』18.3.3号)

| | コメント (0)

« 2018年2月11日 - 2018年2月17日 | トップページ | 2018年2月25日 - 2018年3月3日 »