« 戸田昌子・比留間洋一 編                                    『シャッター以前vol.6 没後30年記念号《アキヒコ》を索めて』(岡村昭彦の会-発行、川島書店-発売・15.3.29) | トップページ | 上村忠男 著『回想の1960年代』(ぷねうま舎刊・15.4.23) »

2015年6月27日 (土)

うらたじゅん 著『冬のプラネタリウム』(北冬書房刊・15.5.9)

 九年ぶりの作品集である。収載作品は、書き下ろし作品二篇と07年から13年にかけて、『幻燈』、『架空』誌上で発表された作品十篇、そして、巻末にはインタビュー「60~70年代音楽シーンを語る」を収めている。既発表作品に関していえば、「図書新聞」紙上にて、『幻燈』誌の書評時に幾らかの評言を提示しているので、三作品に収斂させて、あらためて述べてみることにする。
 「おつかい」という作品は、父と少女、少女と同級生の少年との往還を描いたものだ。父にノートを買うように頼まれる。10円の駄賃をもらえたことで、文房具屋ではなく、チョコを買うためにスーパーでノートを買って来る。ノートは、文房具屋より一円安かったため、お釣りの一円を父に返す。しかし、父に、「五年生にもなって/たった一円を/ネコババできなくて/どうする」、「バカ正直の/ままでは/生きて行けない」などと言われ、怒られてしまう。父の実直さが描出された場所だ。だが、父は実直さゆえのストレスによって病に倒れてしまう。困惑する母とともに、父のことが心配で、気持ちが不安定になった少女は、なにかと気にかけてくれる少年にたいしてもきつく当たってしまう。母子のその後のことを類推すれば、暗い物語へと向かうはずだが、少年は落ち込んでいる少女に、「あさのーっ/げんき/だせよー」と懸命に声をかける。一瞬、不安げな少年の顔。「うん!!」といって振り返る少女のきりっとした顔で作品は閉じていく。うらた作品の秀抜さは、このような終景の描き方にあるのだ。
 「夏の午後には」は、八頁の作品だが、鮮烈なる時間性の横断によって、深い物語性を湛えている。いまふたたび作品に接してみても、モノローグと画像の緊密な連繋によって見事な物語構造を醸成しているといいたくなる。タイトル画面の右上隅に「いつかひとりぼっちの/おばあさんになったら/夏の午後には/レースのカーテンを/編もう」とモノローグが記されている。そして、次頁には、「貧しい私は/小さなアパート/暮らしだが」、「緑の同居人たちに/囲まれている」というモノローグとともに、陰影のある古い二階建ての建物を奥行きある構図で描写し、左コマには、草花というよりは、草の葉が配置されている。続いて水泳用キャップをかぶって、溌剌とした少女のカットがふたつ。「もう老いて/泳ぐことはできないが/はじめて海で/泳いだ日のことは/今でもおぼえている」とモノローグが記されていく。この作品の始まりの三頁のなかへ、うらたじゅんにおける「生」から「死」への往還にたいする深い思念を先鋭に込めたとわたしは思う。なぜなら、漫画作品を物語として紡ぎだすうらたじゅんにあっては、時間を横断させながら、記憶の断片を重ねあわせることで、そこにリリカルな心情を滲み出させるからこそ、わたしたちは、率直に感応できるからだ。七頁目は、四コマ。屋根を伝わっていく猫。朽ちかけた向日葵一輪の絵に、「病いに倒れ/窓を閉ざしたまま//朝夕を送る日が/やってきても/光を感じて/いたいから」のモノローグ。木の実の絵に、「秋が来ても/冬が来ても/レースのカーテンは/いつもきれいに/洗濯しておこう」。猫が屋根の上で尻尾を振っていて、窓からはカーテンがたなびいている。八頁目、力強く咲き誇る向日葵の大輪たちの終景である。暗く、いずれ訪れる老いと死にたいして、咲き誇る向日葵は、それでも生き続けていくことへの暗喩としてあるといっていいはずだ。
 「海の夜店」は、少年が、母の故郷へ夏休みに訪れた時の体験を描いている。それは、亡くなった「おじいちゃん」の新盆の時だ。一人で遊びに出て、「おじいちゃん」の幼なじみという「少女」に出会う。この「少女」は、「おじいちゃん」が子どもの時に死んでいたのだ。迷子になりながらも、なぜか、死んだはずの「おじいちゃん」に導かれながら帰り着くという物語である。荒唐無稽譚のように思えるが、うらたじゅんが描出する世界は、軽やかに「生」と「死」を往還させてくれるのだ。
 近作の二篇は、これまでの作品とは、描線と人物の描像が、幾らか違いを感じさせる。なぜだろうか。
 「かりんの花が咲けば」は、病院の外にあるベンチに座って、検査結果を見ながら、「あと2、3年は/大丈夫かな…?」とつぶやいている女性のもとへ猫が集まってくる。そこへ、老人が「猫お好き/なのですか?」と話しかけてくる。老人もまた、病院に長く通院していることがわかる。二人の淡々とした会話で作品は進み、閉じていく。
 「冬のプラネタリウム」は、冬の季節、プラネタリウムで知り合った高校生の男女が、やがて好意を抱くようになり、二人で旅行に出かける。旅先で補導され、親たちによって二人の関係は終焉を強いられる。「月日が流れ」、医師となった男は、病院内に展示されている絵に惹かれる。「冬のプラネタリウム」と題された絵の作者は、高校時代、一緒に逃避行した女性だった。病院の同僚から緩和ケア外来の患者さんの遺作だと伝えられ、衝撃とともに、「ぼく」は悔恨を抑えることができない。うらたじゅんの最新作は、特に髪の毛の描線の鮮鋭さとともに、「生」と「死」をめぐる物語は、ポエジー性を超え出て、さらなる位相へと向かっていくかのようだ。

(『図書新聞』15.7.3号)

|

« 戸田昌子・比留間洋一 編                                    『シャッター以前vol.6 没後30年記念号《アキヒコ》を索めて』(岡村昭彦の会-発行、川島書店-発売・15.3.29) | トップページ | 上村忠男 著『回想の1960年代』(ぷねうま舎刊・15.4.23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戸田昌子・比留間洋一 編                                    『シャッター以前vol.6 没後30年記念号《アキヒコ》を索めて』(岡村昭彦の会-発行、川島書店-発売・15.3.29) | トップページ | 上村忠男 著『回想の1960年代』(ぷねうま舎刊・15.4.23) »