« 八木幹夫 著                               『渡し場にしゃがむ女―詩人西脇順三郎の魅力』           (ミッドナイト・プレス刊・14.9.26) | トップページ | 『アナキズム叢書』発刊に寄せて                  ――多様なアプローチによって喚起されていくこと »

2015年1月24日 (土)

つげ義春・山下裕二・戌井昭人・東村アキコ 著             『つげ義春 夢と旅の世界』(新潮社刊・14.9.20)

 つげ義春の作品、「ねじ式」が発表されたのは、一九六八年、『ガロ六月増刊号・つげ義春特集』であったから、四十六年以上経ったことになる。「沼」(六六年二月号)、「紅い花」(六七年十月号)といった衝撃的な作品を『ガロ』に発表し続けていたつげ義春の書き下ろし作品を付した『つげ義春特集』刊行の予告に、当時、わたしたちは待ちわびていたものだった。予告からかなり遅れ、「ほんやら洞のべんさん」(六八年六月号)と「ゲンセンカン主人」(同年七月号)の間に挟まれるように、「ねじ式」は現われたことになる。その直ぐ後に発表された「もっきり屋の少女」(同年八月号)をもって、つげは、一年半近い沈黙期にはいってしまう。
 わたしは、当時のことを「ねじ式」ブームと称することに、つげ義春という表現者の在り様を考える時、必ずしも的確ではないと思うのだが、それまで、漫画を語ることのない人たちから多くの応答があったわけだから、鮮烈な印象を与えて、大きな反響を巻き起こしたのは間違いない。リアルタイムで接していたわたしは、どこかで、そのような情況に対して醒めてみていたように思う。「ねじ式」に特化されてつげ作品を評されることに抵抗を感じていたといえばいいだろうか。いまとなっては、他のつげ作品に比べ、わたし自身、「ねじ式」に正面から向き合うことを避けてきたことに気づかされたといっていい。そして、いまあらためて、自分自身の視線で作品世界に向き合おうと思い至った契機が、昨年末刊行された『芸術新潮』(一四年一月号)の特集「デビュー60周年 つげ義春 マンガ表現の開拓者」であった。本書は、その『芸術新潮』の特集を再編集し、未発表写真二〇点と「ゲンセンカン主人」の原画を加え、「とんぼの本」シリーズの一冊として出されたものだ。「紅い花」の原画や、「無能の人」の鳥師の場面、「李さん一家」の終景の原画とともに、収録されている「ねじ式」の原画を見ながら、わたしは、圧倒的な画像の迫力に言葉を失ってしまった。つまり、「ねじ式」に対し訳知り顔のように言葉を重ねてみたところで、画像力のまえに言葉は皮相さを露わにされ、沈黙を強いられるだけなのだ。いまさらのように、述べるのは、気恥ずかしいことだが、つげ義春のイメージ喚起力にただ、素直に感受することが、最も確かな「ねじ式」に対する向き合い方だと、いまのわたしは、思っている。
 美術史家の山下裕二を聞き手にしたロングインタビューは圧巻だ。さらに、七〇年代生まれの漫画家・東村アキコと作家の戌井昭人による〝つげ論〟は、新鮮でいい。
「つげ義春先生って、現実に私たちが生きてると、こういう瞬間ってあるよなというのを、紙にスッと落とせる稀有な作家だと思うんですよ。ドラマを盛り込んでいないからこそ、本当のドラマがそこにある、みたいな。」(東村)、「つげさんの場合は、わたしのようにやたらキョロキョロして探し求めているのではなく、自然に、流れるように、変なものや人間にぶちあたっている感じなので、そこがつげさんにはまったく敵わないところなのであり、旅人つげ義春に憧れるところであります。」(戌井)
 なぜ、つげ漫画の新しい読者が世代を超えて、増え続けているのかと、よく語られるが、ほんとうは、なぜという疑問は、まったく無意味になるほど、つげ作品(特に「ねじ式」)は、四六年経過しても依然、屹立しているからだと、断言したいと思う。

(『図書新聞』15.1.31号)

|

« 八木幹夫 著                               『渡し場にしゃがむ女―詩人西脇順三郎の魅力』           (ミッドナイト・プレス刊・14.9.26) | トップページ | 『アナキズム叢書』発刊に寄せて                  ――多様なアプローチによって喚起されていくこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八木幹夫 著                               『渡し場にしゃがむ女―詩人西脇順三郎の魅力』           (ミッドナイト・プレス刊・14.9.26) | トップページ | 『アナキズム叢書』発刊に寄せて                  ――多様なアプローチによって喚起されていくこと »