« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年4月6日 - 2014年4月12日 »

2014年3月29日 (土)

上野延代遺稿集『蒲公英――百一歳 叛骨の生涯』         (上野延代遺稿集刊行会刊・13.12.15)

 本書は、上野延代(1911~2012)にとって初めての著作集でもある。遺稿集刊行の経緯は、刊行会のメンバーの一人、沼知義孝によれば、次のようになる。「偲ぶ会」を開くために、「『資料』の提供を申し出」たところ、家族から、「『要保存「蒲公英メモ」』の封筒に入った冊子や原稿、写真の数々」を借りることになった。「集会で会う上野さんは、端然と席をしめ、自己紹介などを求められると、『上野です』以外は語らない。長々と所属団体や『闘い』を縷々披歴する発言者の口舌に憤然としている風であった」から、「蒲公英メモ」は、上野のそのような「想いを書きとめ、残されていた」と考え、遺稿集を編むことになったようだ。ちなみに蒲公英は、上野が「好んで使ったペンネームの一つであ」る。全六章で構成され、最終章は、句篇となっている。そういえば、上野延代の夫・上野克巳(1905~54)は、大正期、中浜哲、古田大次郎らのギロチン社に参加して活動していたのだが、労働運動社から村木源次郎とともに合流した和田久太郎も、俳人であったのは、ひとつの機縁といっていいかもしれない。上野は戦後、夫・克巳とともに、地元、板橋区で地域紙「板橋新聞」(後、「民友新報」)を49年ごろまで発行していたという。その後のことを簡略化して記してみれば、「50年以降、(略)日本アナキストクラブに参画。(略)その柔軟で実践的な姿勢は組織的対立関係に左右されることなく、秋山清らとも交流。戦後一貫して同志たちの救援活動に携わり、皇居発煙筒事件、べ反委、背叛社事件、全共闘、黒ヘル、東アジア反日武装戦線など、アナキズム戦線に限らず死刑廃止運動や一般刑事犯の救援まで幅広く行う」(松本勲「上野延代」―『日本アナキズム運動人名事典』・ぱる出版04年刊)となる。
 上野の、遺稿集に収められた文章群を読めば、自分の立ち位置というものを揺るぎのないものとして、確信し続けてきたことが、よくわかる。なによりも、「柔軟で実践的な姿勢」によって「組織的対立関係に左右されること」のない関係性を持つことができたのは、立ち位置を見失うことなく、日々の生活を持続してきたからだといっていいはずだ。野田房嗣は「あとがき」で、「上野さんは、抵抗しても無駄かもしれないと知りながら、しかし絶え間なく異議の声を挙げ続けること、その困苦を、あの微笑みとともに緩やかにそして穏やかに遂行されていた。彼女は、思想が試される場所、つまり『自分の確信』という場所に、愚直に、敢然と立ち続けていた」と述べているが、まさしく、そのことが「叛骨の生涯」ということになるだろう。
 「(略)アナーキズムは特別の人種の特別の思想ではなく、吾々日常の生活の上に知らず知らず実行している平凡で普遍的な行為と思考なのだ、流行しようがしまいがアナーキズムは死に絶えるような思想ではない。」「(略)故郷の山にごぶさたをしている間に山はすっかり変貌していました。緑の斜面がいたいたしいまでに削りとられてコンクリートの小型ダムが塞いでいます。なん十年、なん百年、人の手によって保護されてきた谷がたった一度の出水で同じ人の手で壊されてしまったのです。」「(略)上下身分の差別意識、部落者に対する荒唐妄誕の人間比較論が尊皇討幕派に根強くはびこっていたことは人間解放の夜明けと期待された明治の〝革命〟に何をプラスしたか。多くの血を流しながら斃れていった人々の夢見た理想と勤皇復古の奴隷意識でしかあり得なかったという、かなしい事実はそのまま敗戦後の日本の現在に引き継がれて、先進国家を自称するこの国の厳として否定し得ない後進性を物語っている。」
 「日常の生活の上に知らず知らず実行している平凡で普遍的な行為と思考」という考え方、「人の手によって保護されてきた谷が」、「同じ人の手で壊され」たという捉え方、明治近代天皇制と、戦後の現在を通底させていく認識の仕方、それぞれは、まぎれもなく上野の立ち位置を象徴していると思う。だが、なによりも、「柔軟で実践的な姿勢」を表しているのは、俳句表現にあるといえるはずだ。任意に挙げてみる。
 「生きてると光りかがやく春の水」「どの路地をぬけてもさむき日本海」「白息の波打つ闇のふかさかな」「月のもと首都は巨大な墓石群」「老残の身は天外に朴の花」「凍土にも日のあるかぎり虹が屹つ」「百歳に冬が追い打ちかけてくる」「わが思念中空に雪涌くごとく」
 どれも、自らの感性を発露として、率直に表出する、詩性を湛えた句作品だ。そして、それは、間違いなく、上野延代という一人の存在の有様をわたしたちに放出している。加藤典洋は、「はじめに」で、「この本は上野さんの海に浮かぶ一つのブイと似てい」ると記しているが、もう少し、踏みこんでいえば、上野さんという人そのものが、わたしたちの関係性を織り成すブイだったといってもいいのではないだろうか。

(『図書新聞』14.4.5号)

| | コメント (0)

« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年4月6日 - 2014年4月12日 »