« 飛矢崎雅也 著                             『現代に甦る大杉榮―自由の覚醒から生の拡充へ』          (東信堂刊・13.11.20) | トップページ | つげ忠男 著『出会ってみたい人』(ワイズ出版刊・14.1.25) »

2014年2月22日 (土)

堀江朋子 著『菅原道真と美作菅家――わが幻の祖先たち』(図書新聞刊・13.12.31)

 著者は、「書くことは、自分の思考への旅。感情への旅である」と述べる。だから、本書では、母の出自の場所を訪れ、母へ、母の祖先たちへと思いを馳せながら、「文献への旅、土地への旅、人への旅、歴史への旅」を紡ぎだしていく。既に、父母の評伝(父は、戦前、プロレタリア作家として知られた上野壯夫。著者は、『風の詩人』という評伝を出し、図書新聞刊『上野壯夫全集』の編纂にも関わっている。母の評伝は、『夢前川』)を著わしている著者だからこそ、さらに、初源への旅へ出たのだといっていい。
 著者の母の旧姓は小坂、岡山県勝田郡奈義町小坂に生まれた。そこは、「菅原道真の系譜を受け継ぐ美作菅家の一流小坂氏が棲んだ所」だという。まさしく、書名のとおり、母の祖先たちとして、菅原道真と美作菅家党がモチーフとして必然的に浮上してきたことになる。わたし自身は、道真にそれほど関心を寄せてきたわけではない。時の天皇に重用されながら、藤原氏と対立して、大宰府に左遷されたことぐらいしか、知識としてはなかった。わたしは、中世という時間性に惹かれてきたから、中世よりやや以前の道真の時代に、意識が向かっていかなかったといっていいが、本書に接して、歴史(時間)は、どんな時代区分を後世の歴史家がしようとも、それは、絶えず、連続したものだということを、あらためて認識したといえる。もっと直載にいえば、美作菅家党の発生から展開へと至る時間を描出するなかで、道真を重用した宇多天皇と後醍醐天皇を重ね合わせる著者の視線に、わたしは感応したからだ。
  「詩人の感性と、政治家としての役目をどう融合させていたのか。諸々の資料から私なりの菅原道真像を描くと、政務においては、生真面目すぎて融通がきかない。政談の一つの場である酒席を好まない、(略)人付き合いがあまり上手ではない。政治にはつきものの、清濁併せ呑むという幅の広さがない。(略)実際の政治には向いていないが物事を見る目は確かで、讃岐国に関する報告は政府内で評価される、といった、少し神経質な文人、学者タイプの男が浮かび上がってくる。」
 死後、「神様」になってしまう道真の像をこのように語られると、妙に親近感が湧いてくる。生真面目で、人付き合いが上手くはないが、「物事を見る目は確か」だとなれば、藤原氏がいまでいう、官僚的位置にあるのだが、「清濁併せ呑むという幅の広さが」あるだけの政治屋でしかないとしたら、道真の方が遥かに実直な官僚だったのではないかと見做すことができそうだ。宇多天皇(後、上皇)に、藤原氏以外から、はじめて大臣に任じられ、重用されたのは、当然のことだといえそうだ。だが、「宇多その人についていえば、政は不得手であったに違いない。宮中の力関係に対する慮りもなく、道真一人を重用することが、道真の孤立をますます深めていくなどということは考えなかった」から、道真は、左大臣・藤原時平によって、追放されることになる。
 ところで、美作菅家党が、「世に知られたのは、『太平記』に記されてから」だという。『太平記』は、周知のように南北朝時代を舞台にしたものだ。「『異類異形』といわれた『悪党』、『職人』的武士から非人までをその軍事力として動員し」て、鎌倉幕府から権力を纂奪しようとした「『異形』の天皇」(網野善彦『異形の王権』)であった後醍醐が疾走したこの時代は、日本の国家社会構造の暗渠をはじめて露わにされた時だと、わたしは、考えている。美作菅家党は、はじめ後醍醐天皇の側であった。「隠岐脱出」後、「帰京の途についた」のだが、「菅家一統をはじめ、山陰・山陽の武士たちも、その列に加わ」り、「その行列は前後三十里に及んだ」そうだ。その後、後醍醐と足利尊氏との対立が生起すると、菅家一統は、足利側に参列する。混乱の時代であったために、「少しでも有利な方に寝返るということは日常茶飯」だったのだ。後年、徳川幕藩体制では、武家から「殆どが美作国の庄屋」になったことは、道真の「知」を継承したことによる生き抜き方のような気がする。
 著者は、吉野の如意輪寺の境内にある後醍醐天皇陵を訪れている。
 「後醍醐陵は、これが天皇陵かと思うほど質素な佇まい。王座に生まれながら、時代に添えなかった人の孤独が胸を打った。(略)後醍醐天皇のことを書きながら、宇多天皇のことを思い起こす。藤原摂関政治支配の手を払いのけて、天皇親政を行おうと菅原道真を重用。挫折して、詩歌管弦や女にのめり込んでいった宇多の後世の評判はよくない。後醍醐天皇は、武家政治を廃し天皇専制を目指した。しかし、当時の社会情勢を無視した政策で、天下は混乱を極めた。(略)宇多も後醍醐も考える人であったと私は思う。自分なりの理念や思想を持った人であったと。その理念や政治思想が良いとか悪いとかここではいわない。その政策が上手くいったかいかなかったの問題でもない。人間として意志的に生きたが為に、王座から降りなければならなかった、そのことが心に染みるのである。」
 わたしも、著者の思いに共感したい。「自分なりの理念や思想を持」つこと、「人間として意志的に生き」ることは、時代を超えて、普遍であるべきだと思うからだ。著者の思考の旅によって、わたしは、そういう感慨に誘われたことになる。

(『図書新聞』14.3.1号)

|

« 飛矢崎雅也 著                             『現代に甦る大杉榮―自由の覚醒から生の拡充へ』          (東信堂刊・13.11.20) | トップページ | つげ忠男 著『出会ってみたい人』(ワイズ出版刊・14.1.25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛矢崎雅也 著                             『現代に甦る大杉榮―自由の覚醒から生の拡充へ』          (東信堂刊・13.11.20) | トップページ | つげ忠男 著『出会ってみたい人』(ワイズ出版刊・14.1.25) »