« 水野真由美 著『小さな神へ 未明の詩学』             (上武印刷刊・12.6.15) | トップページ | 石関善次郎 著『吉本隆明の帰郷』(思潮社刊・12.8.25) »

2012年11月30日 (金)

【一句観賞】和田久太郎「もろもろの悩みも消ゆる雪の風」

 大正十二(1923)年九月、関東大震災のさなか無政府主義者・大杉栄が妻・野枝、甥・橘宗一少年とともに虐殺される。大杉夫妻、近藤憲二、村木源次郎らと共に興した労働運動社に参画していた和田久太郎(1893~1928)は、村木、古田大次郎、中浜哲らと大杉の復讐計画をたて、震災当時、戒厳令司令官だった福田雅太郎が大杉虐殺の指示をしたとして、翌年、和田は単独で福田を狙撃するも果たせず逮捕される。判決は、無期懲役。収監先は市ヶ谷から秋田刑務所へと移送される。
 和田は、明石の生まれ、十二歳で大阪へ出て、丁稚奉公をする。十三歳の時、「俳句を学び初めて錦江と号」した。十六歳の時に「俳句の熱いよいよ上り」、「号を酔蜂と改め、もっぱら碧悟桐に心酔」(以上、自作略歴)していく。
 その頃の作品に、「初蟬や草の匂ひに木の匂ひ」、「恐ろしき浪の音聞く炬燵かな」、「俺が脂も浸めよと銅貨握りたる」などがある。やがて、社会主義運動とともに、俳句から離れるが、「入獄してから、たいくつまぎれに俳句を作って見ると、また面白味が湧いて来た。このごろは、鉄窓のおかげと見えて平凡な句が嬉しい」(「碧雲暗雲」)として、俳句や短歌を精力的に作り始める。
 「愕然と夢の醒むれば大蛾かな」、「さらば鳩よ朝寒顔をこちらむけ」、「死に別れ生き別れつゝ飛ぶ雁かな」。
 掲句は、作品的には、秀でたものではないかもしれない。だが、わたしには、「雪の風」という表現に、いいようのない愛おしさを感じてならない。和田は、昭和三年二月二十日、秋田刑務所で、この句を残して自死した。

(句紙「夜河」第拾七號・12.12.1)

|

« 水野真由美 著『小さな神へ 未明の詩学』             (上武印刷刊・12.6.15) | トップページ | 石関善次郎 著『吉本隆明の帰郷』(思潮社刊・12.8.25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水野真由美 著『小さな神へ 未明の詩学』             (上武印刷刊・12.6.15) | トップページ | 石関善次郎 著『吉本隆明の帰郷』(思潮社刊・12.8.25) »