« 「情況」的場所へ(12)―共同幻想としての3.11― | トップページ | 石井輝男・福間健二 著『完本 石井輝男映画魂』        (ワイズ出版刊・12.5.1) »

2012年7月28日 (土)

【一句観賞】清水昶「残菊の心のなかに鬼が棲み」

 六十年代末、詩集『少年』で颯爽と登場した清水昶は、戦後詩というカテゴリーを越えて現代詩を斬新に切開していった初めての詩人だったと、わたしは思っている。それは、時間性を切断させるのではなく、連続したものとして、しかも戦後詩の深奥に戦前期の思想の根源を見据え、それを透徹することによって現代詩としてあらたに構築していったことを意味している。
 「魂のバリケード舌つまる口/青草生える沈黙のなかで/荒涼としたたたかいがはじまった」(「魂のバリケード」)
 「火のように呼ぶ太陽に殺(そ)りあがる一日の目覚めに/憎しみを持つ少年になった」(「少年」)
 「ナイフのようにわが冷肉につきたてたまま/死ぬならば/神無月の朝に死ぬ」(「眼と銃口」)
 これらの詩の持つ鮮烈さは、清水昶に内在する、深淵なる抒情性によるものだ。五五七のリズムによって醸し出される「魂のバリケード舌つまる口」、直載に発せられる「憎しみを持つ少年」や「神無月の朝に死ぬ」は、屹立している。
 清水昶は、現代詩と決別し、2000年6月からインターネット上で「俳句航海日誌」と題し、俳句作品を発表していった。その数、三万句以上にも上る。掲句は、最初期の作品である。「残菊」という美的なるものに傾く心性を、「鬼」というメタファーによって相対化しようとする意志が、作者の内奥に生起することに、わたしは、共感したい。「俳句から口語自由詩を再構築する道が何処にあるのかを問」いたいと述べながら、俳句を作り続けた清水昶は、昨年六月三十日に急逝した。享年七〇だった。

(句紙「夜河」第拾参號・12.8.1)

|

« 「情況」的場所へ(12)―共同幻想としての3.11― | トップページ | 石井輝男・福間健二 著『完本 石井輝男映画魂』        (ワイズ出版刊・12.5.1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「情況」的場所へ(12)―共同幻想としての3.11― | トップページ | 石井輝男・福間健二 著『完本 石井輝男映画魂』        (ワイズ出版刊・12.5.1) »