« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月23日 (金)

クリストファー・レイン 著 奥山真司 訳                 『幻想の平和―1940年から現在までのアメリカの大戦略』      (五月書房刊・11.8.31)

 「幻想の平和(The Peace of Illusions)」という表題に、様々なイメージが喚起される。本書の著者の分析に共感しながらいえば、第二次大戦下から今日までアメリカ国家(政府)が採り続けてきた地域外への覇権(支配)戦略は、まさしくここかしこに、幻想の平和を喧伝し続けてきたということになる。わたしは、平和という言葉にいつも胡散臭さのようなものを感じてきた。つまり、平和と戦争はコインの裏表のようなものだとわたしには思われるからだ。平和的世界を構築するというレトリックを要して、地域外国家の政府権力を解体するために侵略戦争を行ってきたのは、世界に冠たる民主国家を自認するアメリカではなかったのかといいたいからだ。本書の著者、クリストファー・レイン(1949~)は国際政治をテーマとするネオクラシカル・リアリズム学派に属するテキサスA&M大学の教授であり、本書が初めての単著であるという。「リベラリズム」と「大議論」を展開してきた、いうなれば保守的立場にある学派と見做せるようなのだが、「マルクス系や修正史観主義者、それにリベラル系などの学者・歴史家たちの理論を加えて、アメリカの帝国主義的な大戦略のメカニズム」(「訳者解説・あとがき」)を解析しているところに、本書を特異なものにしている。原著の刊行は2006年であるが、その後に生起したサブプライムローンによる経済危機を予見しているかのような情況分析と辛辣な批判を帝国アメリカに対して行っている。
 著者のアメリカの覇権戦略批判は、極めて明快だ。アメリカ外交は、他国に対して推し進めた「門戸開放政策による経済拡大策は、アメリカ軍を海外に派遣しても守らなければならないような新たな国益を生み出した」(「イントロダクション」)とする。アメリカが母国イギリスの凋落に代わって世界国家として台頭し、やがてソ連との対峙という、いわゆる冷戦構造が形成される契機を著者は、「ソ連を『脅威』として見るようになったわけではなく、(略)アメリカの政策家たちは単純に『ソ連の弱さ、節度、そして用心深さを表すサインを無視した』のだ」(「第3章 アメリカの大戦略とソ連」)と捉えていく。なるほど、「ソ連」を「北朝鮮」と置き換えれば、そのまま現在の東アジアにおけるアメリカの軍事政策に通底するといっていいだろう。そして、戦後のドイツに対しては、再統一によって巨大化することを危険と見做し、結果、分断政策をとったのは、ソ連ではなくアメリカの方だったとする。この冷戦構造分析は、本書の白眉といっていいだろう。
 ところで、国家というものは、絶えず国家間の軋轢関係を内包するものだろうか。国家がある限り、国家間戦争は生起する必然を有するものなのだろうか。このようなシンプルな問い掛けを発してしまうのは、本書のような国際関係論的視点によるアメリカの覇権戦略に対する批判をほとんど首肯しながら読み進めながらも、最後の「オフショア・バランシング」戦略を提起したところで、著者の本意は一体どこにあるのかと戸惑ってしまったからだ。精緻で見事な覇権戦略批判を展開していながら、東アジア(日本、中国、韓国、北朝鮮)に対して、些か巨視的過ぎるように思わざるをえないのだ。
 「(略)今日ではアメリカが他国の直接的に攻撃されるコストやリスクを背負ったり、彼らの海外の権益を地域的な混乱からわざわざ守るべき理由はどこにもないのだ。西ヨーロッパ、日本。そして韓国などは、自分たちの安全を自分たちだけで担うだけの経済・テクノロジー面での力を持っている。(略)『オフショア・バランシング』というのは、国防面でのすべての責任を同盟国たちに委譲することによって、自らの地政戦略的な優位を活用するものだ。(略)現在のアメリカの大戦略の推進者たちは、『アメリカが安全保障の傘をたたんでしまえば、ユーラシアに安全保障の真空地帯ができてしまい、これが〝再国家化〟を引き起こし、不安定な多極状態の復活につながる』と言って反対するはずだ。ところが皮肉なことに、アメリカの覇権的な大戦略はすでにこの面で失敗しているのだ。その理由は、アメリカが『地域安定装置』として行動しているにもかかわらず、『再国家化』は徐々に始まっているからだ。」(第8章「オフショア・バランシングという戦略」)
 ここでいう「再国家化」の国家とは、軍事的な自立国家を意味している。著者は、オフショア・バランシング戦略の先に日本の核国家化をも見据えているといえなくもない。そもそも、他国から攻撃をされるということの考え方のなかには、国家間戦争は、常に発生しうるものだという妄想の上に立っているといわざるをえないし、「核」が国際間における抑止力となっていると、現在ではいい切れないものがあるはずだ。そのことは当然、米軍の極東配置が、必ずしも「地域安定装置」として働いていないということを意味する。著者は、「アルカイダのようなテロ集団やイスラム原理主義たちの熱狂的な支持者たちを煽ったのはアメリカの『覇権』なのであり、これはアメリカ優越状態と世界的な役割に対する、一種の『ブローバック』(反動)なのだ」(「同前」)と述べているわけだから、国防や安全保障という概念自体が、そもそも幻想の所産でしかないし、軍事力の肥大が強国の存在証明とはならない時代に入ったと見做すべきなのだ。アメリカという大国を保守するために、「覇権」ではなく「自己抑制的な政策を追及しなければならない」と著者は結語していくが、9.11以後を俯瞰してみれば、既に「覇権」や「大国」という言葉は空語化してきていると、わたしならいいたい気がする。

(『図書新聞』12.3.31号)

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

保阪正康 著『農村青年社事件                 ――昭和アナキストの見た幻』(筑摩書房刊・11.12.15)

 「農村青年社事件」と聞いても、おそらく、多くの人にとっては、未知のことに違いない。アナキズム運動史に関心を持ったとしても、「農村青年社事件」に対して深く視線を這わせることは、あまりないように思える。わたし自身が、そうだった。それは、大杉栄の虐殺、そのことへの叛撃として決起されたギロチン社事件を経て、アナキストたちの反抗のムーブメントは退潮期へと入っていったからだ。もちろん、それは、時代が昭和期となってナショナリズムの台頭と戦争の影が勃興し出したことと、無関係ではない。労働者組織による運動にも限界が見えてきた時に、都市部からの決起を企図した無政府共産党と、疲弊しつつある農村部を救済することを希求して結成された農村青年社は、ある意味、わが国におけるアナキズム思想の未成熟さからくる矛盾を象徴していたと、わたしは考えている。例えば、マルクス主義陣営の講座派と労農派の対立と同じ様に、西欧型革命理念を移入したことによる、アジア的な構造との溶接の困難さを払拭しえないまま、行動理念としたことによる破綻といいかえてもいい。わたし自身、権藤成卿の農本主義的な思想の基層にアジア的なアナキズムとでもいえるものを抽出しようとした経験からいえば、バクーニンやクロポトキンの思想と権藤的農本主義を繋げていくことは、戦後的時空の位相を組み入れることによって、どうにかその端緒へと至るといったプロセスを経なければならなかった。本書の著者が、農青社のメンバーは、意識的に天皇制の問題との対峙を回避していたと好意的に解しているが、わたしは、そうは思わない。石川三四郎や岩佐作太郎がそうだったように、西欧的理念を日本型革命理念として移植していくには、対権力という現実的なことではなく、理念として天皇制の問題を迂回(ということは、無意識のうちに組み込まれていくことを意味する)せざるをえなかったと思われる。それは、北一輝が直面したことと、パラレルな関係といえなくもない。
 さて本書は著者が長年、構想を温めていたものを、三十年近い時間を経て、ようやく結実させた渾身の仕事である。農青社の主要メンバーの四人のうち三人への丹念な取材・インタビューは、著者であったからこそ、彼ら彼女らが胸襟を開いて応答したものだといい切れる。「農村青年社事件を最後として、戦前のアナキズム活動は終熄してしまった。(略)無政府共産党事件、農村青年社事件等の人々もその多くは戦後のアナキズム運動とは無縁に終わってい」(秋山清『日本の反逆思想』)ったことを考えてみれば、著者の取材に応じた宮崎晃、八木秋子、事件の資料集編纂に膂力を込めた星野凖二の三人の「農村青年社事件」以後の時間性に対して、不思議な感慨を覚える(もう一人理論的な支柱だった鈴木靖之は、著者が取材を始めた時点で亡くなっている)。
 事件を本書では、第一幕と第二幕というように分断させて、著者は捉えていく。確かに、劇における幕間のようなものが、事件には横断しているからだ。
昭和六(1931)年に農青社は結成される。そして翌年、運動資金獲得のための窃盗行為が発覚して、刑事事件として処理され、そこで「実質的にその活動は停止」したことになる。ここまでが第一幕である。やがて、無政府共産党事件(農青社のメンバーとは何人かが繋がりを持ってはいたが、まったく別の運動体として、昭和九年に設立)を発端として、昭和十一(1936)年、「功名心に逸る検事」によって、「長野県下で検挙が始まり、設立メンバー四人も検挙され、彼らに同調していたとして全国規模で三五〇人が検挙され」、アナキストに対して初めて治安維持法が適用され、三〇余名が起訴されたのが、第二幕としての事件劇ということになる。まさしく、それは、当事者たちも予想できなかった第二幕劇であった。だからこそ、著者の眼は、当然ながら辛辣になる。
 「確かに農村青年社事件は検事団の功名心によってフレームアップされたとはいえ、逆にいえばそのことによって宮崎は戦後になって『治安維持法の網にかかったアナキスト』という勲章を手にいれたのではなかったか。」
 「全体に指摘できるのだが、農村青年社の法廷は思想犯を裁く、あるいは国事犯を裁くという緊張感に欠けているように思える。(略)確かに信州で何らかの行動(それを地理区画運動と称したのだが)を起したいとの願望をもっていた。(略)しかしだからといって彼らにはそのための行動計画があったわけではなかった。」
 これらの指摘に、わたしもほぼ同意したいと思う。フレームアップされたアナキスト弾圧といえば、幸徳秋水らの大逆事件を真っ先に例示できるが、だからといって、その思想性が軽視されていいわけではない。権力側の犯罪捏造(それは、現在においても依然、連綿として続いている)を徹底的に断罪すると同時に、権力側に危機感を抱かせた思想の根拠を再度、分析して再構築していくことも、後代のわたしたちに課せられた仕事だと思う。
 とすれば、近代天皇制生成時の大逆事件と、戦争の時代を予兆させる昭和十年代初期の農村青年社事件には、権力犯罪という共通項はあっても、おおきな差異の位相を見てとれるはずだ。「ごく平凡な、そして生真面目な青年たちのその運動の中に当時の社会環境や生活模様がすべて凝縮されていた」わけだから、著者も述べるように、「昭和史の中でどのように語り継ぐべき」かということが、切実なものになっていくといっていい。

(『図書新聞』12.3.17号)

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »