« 追悼・清水昶 | トップページ | 池澤夏樹・坂本龍一他著『脱原発社会を創る30人の提言』(コモンズ刊・11.7.15) »

2011年6月24日 (金)

原 敏晴 著                                     『生きることへの共感――カントとマルクスの自由と生活の共存する社会』(清風堂書店出版部刊・11.5.3)

 マルクスの思考的構想をカントやアリストテレス、フォイエルバッハなどの構想と連結させて、ありうべき共同性を開示していこうとする意欲的な論稿集である。
 わたしは、マルクスの思想とマルクス主義の思想は、全く別物だと思ってきた。第一インターナショナル(国際労働者協会)でのヘゲモニー争いのための小政治屋的振る舞いをしたマルクスは論外だとしても、『経済学・哲学手稿』、『ユダヤ人問題によせて』や『資本主義的生産に先行する諸形態』といった著作から、わたしは、多くのことを享受してきたといっていい。そして、エンゲルスやレーニンがマルクスの思想を政治的戦略のなかで、転倒したかたちで改造したものがマルクス主義の思想だったと、見做している。本書の著者もまた、徹底したエンゲルス批判(レーニンも含む)を通して、マルクスとエンゲルスの思想性の明確な差異を提示している。
  「エンゲルスは(略)対植民地交易のような、力による資本家同士の『自由競争』の『無政府状態』を廃棄するとして、(略)正常な市場商品交易の廃止を主張しているが(略)、軍事力による異常な形での植民地交易は、正常な(マルクスの理論に適合した)市場交換とは全く異質なものであるから、前者を根拠として後者の廃棄を言うことはできない。」(「第七章 生命活動を繋ぐ民需市場経済活動」)
 ここでは、エンゲルス独特のレトリックを指弾している。家族と国家における共同性の異和を無視した、極めて粗雑な国家論を持つ『家族・私有財産・国家の起源』を例に出すまでもなく、エンゲルスの思想は、そもそも論理的に破綻しているのだ。
 著者は、『資本論』の精緻な解読を試み、市場交換と消費の問題を卓抜に取り出しながら、「商品特有の使用価値を生産し、別の商品特有の使用価値を消費するという『社会的な物質代謝』(マルクス)を介して、人間と他の人間とが社会的にやりとりする普遍的なもの、人間労働即ち生命活力である、というのがマルクスの見解である」として、「売る商品の生産過程だけでなく、買う商品の予想される消費過程をも考慮する」(「同前」)ことは必然であると述べていく。エンゲルスの転倒は、生産をプロレタリアートによる公的権力の掌握の対象とするというように、消費(大衆・生活者層の行為の象徴と見做していい)を軽視した経済システムを想起しているに過ぎない。結局、過剰な生産重視によって、プロレタリアートという仮構の階級というものが、資本主義経済における独占資本家と同じような支配システムを透徹することになっていったのは、既に91年末の事象へ至るプロセスによって明らかだ。消費とは遅延した生産だといったのは吉本隆明だが、生産と消費は、いうまでもなく、ひとつの共同性の円環として捉えるべきなのである。
 『経済学・哲学手稿』では、「ある人間の生の証(生産物)が、他の人間の生を支え、他の人間の証(生産物)が、ある人間の生を支える、という―人と人との互いの生による生の相互扶助という―理想的な市場経済活動の在り方が語られている」(「第二章 生活と自由の共存」)と述べる著者の視線は、カントの「合意の力」と、マルクスの「団結・結合の力」を基軸にしながら、理想の共同体というものを描いていく。
 「現在では、個人たちの意志の自由と表現と行動の自由の多種多様性は著しく発展してきている。(略)カント的な自由意志の原理と現実の発展とを踏まえて、『多様な個人の意志の自由』を明記し、十分に議論を尽くした上での合意、自由・平等・独立な個人たちの合意、というように、共同体の形成と関係する合意の形成過程のあり方を明記することが団結の強度を増すためにも絶対不可欠であり、(略)カント・マルクスの《合意の力》こそ、旧い『弁証法の力』に替わるべき、民主主義と人間本性にぴたりと合致する社会改革の力なのである。」(「第五章 合意の力による変革」)
 マルクスの構想を、「生きた個人たちを大切にし、彼らの生活の心と身体の両面での人間的な自由な発展を希求する」(「序にかえて」)ものだという著者の考え方は、本書では一貫した通底音となっている。
 だからこそ、「多様な個人の意志の自由」によって形成されていく共同性というものを、カントやマルクスの構想の中に見い出そうとする著者の本書における試みは、極めて真摯な言葉として響いているといっておきたい。

(『図書新聞』11.7.2号)

|

« 追悼・清水昶 | トップページ | 池澤夏樹・坂本龍一他著『脱原発社会を創る30人の提言』(コモンズ刊・11.7.15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追悼・清水昶 | トップページ | 池澤夏樹・坂本龍一他著『脱原発社会を創る30人の提言』(コモンズ刊・11.7.15) »