« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月10日 (火)

「情況」的場所へ(5)―狂走の狭間で―

 いったい、この国のマス・メディアにおける一つの事へ集中した、あるいは特化させた、横並びの狂奔的報道はどうなっているのだろうかと思わざるをえない。鳩山、小沢の政治資金問題から、普天間問題までの政局報道の皮相さ、空虚さを露呈したのも束の間、今度はワールドカップ・サッカーだ。南アフリカという、長らく白人による強圧的な黒人支配を続けるという人種差別の象徴だった国家が、あたかも過去の行為が贖罪されたごとく、祭典に狂奔している。わが国のマス・メディアは、南アの過去から現在に至る時間性に対して、いっさい触れることなく、ただただ祭りに便乗し、狂奔している。しかし、現実には、さらなる差別の構造が南アでは露出しているのだ。利益を多大に得るのはFIFAに群がる利権集団(企業)だけで、現地の黒人住民(貧困層)に富が還元されることはない。スタジアムで、戦意を喪失させるかのように、奇妙な音響を鳴り響かせている楽器(ヴヴゼーラ)の八割までが、アフリカを経済的植民地化しようと目論む中国で生産されたものだ。さらには、ワールドカップ関連商品も、FIFAの認証なくしては販売することすら許されない経済統制下に置かれている。
 「政府は南アフリカの厳しい現実を覆い隠そうと努め、(略)ヨハネスブルグだけでも、住む家の無い一万五千人以上の人々とストリート・チルドレンをかき集めてシェルターに放り込み、ケープタウン市では地方自治体が、ワールドカップの虚飾事業の一部として、貧困地区とスクウォッターのキャンプから何千人もの人々を追い出した。(略)FIFAはワールドカップというブランドと、そこから生み出される商品の所有者であり、それらの商品が無認可で売られていないか国中を探し回ったり、ブランドの市場調査をしたりするために、およそ100人からなる法律家のチームを有してもいる。南アフリカやアフリカ大陸の大部分の人々は、非公式な取り引きを通して商品を購入するということや、チームのTシャツや他のスポーツ用品を得るために、400ランドを費やせる者はほとんどいないという事実にも関わらず、商品は没収されて売り手は逮捕される。ジャーナリストたちは認可条項によって効果的に口封じされ、報道機関はFIFAが不評を買うような報道ができず、言論の自由は明らかに損なわれている。/実に皮肉なのは、サッカーは元来、確かに労働者階級のものだったということである。経営者や国家に踏みにじられる生活や、日々の嫌な労働を忘れさせてくれる90分間を求める人々は、競技場で直に、安い値段で手軽に試合を見ることができた。今日の商業化されたサッカーとワールドカップは、世界および国内の小さな陰謀集団(略)に法外な利益をもたらす。」(「全ては美しい利益の名のもとに/南アフリカでの2010年のサッカーのワールドカップに関するZACF(ザバラザ・アナキスト・コミュニスト戦線)の声明」―10.6.17付『ONLINEアナキズム』掲載、訳者・I)
 わが、ジャパン・チームは、ベスト・4を目指すなどという誇大妄想を抱きながら、その前哨戦は惨敗続きで、多くの支持を失い、放送権料の還元にいそしむマス・メディアだけが勝手に盛り上がっていた。もはや誰も岡田は監督の任にあらずと思っていたにもかかわらず、苦し紛れの奇策(俊輔外しと本田のワントップ起用)があたり、決勝トーナメントへ進み、わが国は、一気に大政翼賛会状態になってしまった。
 だが、新聞報道は二、三日で終息し、テレビの報道番組でも、ほとんど取り上げられることがなかったが、わたしたちは、この間、衝撃的な事件が起きたことを忘れてはならない。
 事件をデッサンすればこうなる。6月22日午前7時40分頃、広島市にある「マツダ本社工場の東正門前で、乗用車が通勤途中の従業員2人をはね、さらに正門から侵入して9人を次々とはね」て、男性一人が死亡、一人が重体、他は軽傷だった。容疑者の男性(42歳)は、「2カ月前にマツダを解雇され、うらみがあった」(「毎日新聞」10年6月22日付・夕刊)と動機を供述していると、記事には記されていた。続報(「同前」23日付・夕刊)では、「『秋葉原のような事件を起こそうと思った』と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった」とし、「長年にわたり派遣などの非正規雇用で職場を転々とし、2年前には自己破産するなど不安定な生活が続いていたことも新たに判明」したとしている。わたしは、事件の第一報を知った時、確かに二年前の秋葉原での無差別殺傷事件を直ぐに想起した。だが、続報によって容疑者がそのことを模倣したような発言をしたことを知って、事件が類型化していくことの危惧感を、わたしは率直に抱いたといっていい。どんな事件であっても、それぞれは個別的なものだ。類型化することによって、契機となるべき根拠が覆い隠されしまうことが、この種の事件では多々あることを知るべきである。やはり、二年ほど前に起きた元厚生官僚連続殺傷事件でも、容疑者の動機が、あまりにも空疎な事由であることが伝えられて、不可思議としかいいようがない思いをしたものだった。マツダを襲った容疑者が、僅かな期間を働いただけの勤務先にどのような怨みを抱いたのかを知るのは、困難なことだ。漠然とした《外なる世界》への不満や憤怒といったことが個々それぞれの契機となったとしても、それを狂気、狂走の結果と見做す偏見と画一的な視線をわたしたちは、排すべきである。
 「狂気が科学の対象となったのは、狂気が古来から持っていた権力を奪われたからこそなのだということなのです……。狂気それ自体の擁護弁明をするなどということではないのです。それに、結局、それぞれの文化は、それに似つかわしい狂気を持つことになるのです。」(M・フーコー「狂気は社会のなかでしか存在しない」―『思考集成Ⅰ』所収)
 狂気や狂走の契機を辛酸な境遇に求めたり、心的不安感といったことに起因すると捉えることに、わたしは与しない。例えば、フーコーの言説をわたしなりに、敷衍するならば、わたしたちは、社会という共同性の遺伝子を否応なしに共通のものとして包有している。そして、その遺伝子による行為の表出は、なにかの契機によって顕在化したり、潜在したままの様態にあるというように、それは絶えず多様性を示している。平穏な日々を送っているつもりでも、なにか理不尽な契機で、マツダの工場を襲った容疑者のような行為を表出させることは、いつでも、誰でもがありうることを、自分たちの思惟のなかに入れ込むべきだと、わたしは考える。狂気、狂走的な出来事は、対岸の事態ではない、わたしたち自身のなかに、狂気性は絶えず潜在していると思うべきである。だからその限りでは、狂気、狂走というものは、《外部》と《内部》との軋轢(関係性の不在)の表象であり、関係性を本源的に希求していくというパラドキシカルな狭間にあるものだといえるはずだ。ここで、わたしは、菅野修の近作「性と生活」(『幻燈 10』掲載)に接して、あらためて狂気、狂走の不断性を感じずにいられなかったといっていい。苛烈な言葉と先鋭な画像を重層させて展開していく、この作品では、「狂気が古来から持っていた」本源的な《力》のようなものを感受できる。主人公の男が、言葉としての会話(関係性を取り結ぶはずの契機)をめぐって独白する「会話とは/なんであるのか……」「言葉による/伝達をいう/のだろうか」「しかし言葉によって/正しく伝えられた/ことがあっただろうか」「言葉は貨幣よりも/曖昧ではないだろうか」には、言葉が、ほんらいディス・コミュニケーションとしての位相を持っていることを鮮烈に指し示している。言葉(行為)があればすべてのことが、通じ合えるというのは幻想でしかない。それは妻との性愛の只中で、シャネルのバックを懇願する妻に対して、「本当に必要な/生活必需品なのか」と罵倒することにおいても、同じことを示している。男にとって狂気、狂走は内向化しながら潜在していくことになる。

(『月刊架空』10年8月号)

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

全国貸本組合連合会 発行                           『復刻版 全国貸本新聞 (全2巻)』(不二出版刊・10.7.1)

 貸本店あるいは貸本屋という業種を通した本の流通の始まりは、江戸期に遡る。しかし、出版というかたちが現在と全く違う様態であったことを考えれば、いわゆる小売店と大同小異であったはずだ。1914年に漱石の『こころ』を刊行した岩波書店を例にとれば、そもそもその前年に古書店としてスタートしその後、版元と販売を兼ねて新刊書籍の分野を開拓していったというように、戦前までは新刊書店、古書店、貸本店、出版社といったカテゴリー自体、現在ほど厳密なものではなかったのだ。いわゆるアジア・太平洋戦争(十五年戦争)終結後、わが国は戦後復興期を経て、出版活動が活発化していく。それとともに、本に対する受容は、当然拡大していった。しかし、食生活品に比して、本や雑誌がけっして安価だったわけでなく(あるいは、食生活品を優先させることによって本や雑誌への消費可能分を抑制せざるをえなかったといってもいい)、購買して読むよりは、いわゆるレンタルして読むというかたちの方が、必然的に選択されていく。かつて映画作品がパッケージ化され、VIDEOとして商品化された時、わたしは、大きな衝撃を受けながら、そうした時代が到来したことを感慨深く思ったものだった。だが、まだその頃は高価(確か価格は一万円は優に超えていた)であり、購買して所持するというのは、困難であった。いつしか、レンタルビデオ店なるものが、至るところに開店していく。時代情況や環境、活字と映像というように、まったく位相が違うこととはいえ、レンタルビデオ店が多くの消費者に受けられていくプロセスを、戦後の貸本店が全国的に拡がっていったことに類推させて考えていけば、戦後貸本店の活況を呈した様相は理解しやすいはずだ。
 わたしが、貸本(店・屋)の世界に強い関心を抱くのは、大きくわけて二つほどの事由ある。ひとつは、僅かな期間ではあったが、わたし自身の貸本体験によって、白土三平の『忍者武芸帳 影丸伝』(あえて注釈を加えるならば、当初は貸本流通本としてのみ刊行されたものだ)と出会ったことだ。十代前半期(中学生時)、リアルタイムで接した白土三平の世界は、わたしにどんな少年少女向け世界文学や日本文学の名作より大きな共感を与えてくれるものだった。大げさにいうつもりはないが、わたし自身の思考の核心に最初の方向性を示唆してくれたのは、『忍者武芸帳 影丸伝』であったということである。このことは、貸本(漫画)の表現水位を明示しうる重要な意味を持っていると強調しておきたい。もうひとつは、いささか過剰な言説になりかねないが、戦後構造の問題として貸本(店・屋)の存在を象徴化して考究できるからである。もっと別様にいえるかもしれない。それは、「戦後思想史的な存在として『戦後型貸本』」(梶井純「解説 戦後型貸本の潮流と『全国貸本新聞』」)をめぐって視線を持つことの切実さということになる。つまり、「戦後型貸本店の長かったとはいえない歴史は、じつはさまざまな局面で抑圧の対象となった弱者のそれであった。貸本店は新刊書店や古書専業店よりもはるかに下位の存在として、社会的蔑視の対象とされることもすくなくなかった。(略)敗戦後のある時期――占領が終わって『独立』したばかりの時代の民衆にとって手軽な娯楽機関としての役割を貸本店が担っていたことと無関係ではない」と梶井が述べていくように、戦後過程における生活者の〈像〉というものを、貸本業者ならびに貸本を「手軽な娯楽機関として」活用する民衆のなかに求めていくことができるはずだと、わたしなら思う。ネオ書房といったいまでいうチェーン展開していた貸本店もあったが、ほとんどは小規模で個人営業だった貸本業者のことを考えてみれば、市場経済的にも下位・弱者であったのは、確かであった。55年頃から始まった皮相な“悪書追放運動”は、最も弱い貸本店が主たるターゲットとなっていった。だからこそ、組合的な連合組織の結成は、急務だったといえる。こうして、全国で三万と称されていた貸本業者の連合組織の全国貸本組合連合会が、1957年8月に結成される。機関紙『全国貸本新聞』は、同年9月に、B5判・四頁の体裁で創刊される。本復刻版は、創刊第1号から73年1月発行の第123号までが収められている。梶井純の解説の他に、大竹正春「回想 貸本屋風情」、三宅秀典「『全国貸本新聞』から作ったマンガ年表」「『全国貸本新聞』から作った雑誌・貸本小説関係年表」が第1巻の巻頭に、都崎友雄の『新貸本開業の手引』(54年9月刊)が第2巻の巻末に付録として掲載されている。梶井純は、貸本組合結成に至るキーマンとして、中山庄二郎(1901~61)と都崎友雄(1901~91)の名を挙げている。都崎は、戦前、ドンザッキーという筆名で、ダダイスト詩人として知られていて、25年に「綜合詩誌『世界詩人』を創刊。(略)極東詩人連盟結成の構想を第3号(26.1)に発表するが突然詩壇から消えた。(略)戦後は『古書月報』編集長、貸本組合の理論的指導者、古書店高松堂主人として知られる」(堀切利高・記―『日本アナキズム運動人名事典』)といった人物である。しかも、『世界詩人』には、秋田雨雀、辻潤、小野十三郎、萩原恭次郎、高群逸枝、林芙美子、岡本潤、局清(秋山清)といった錚々たる詩人、作家、思想家が名を連ねていた。都崎は貸本全連には、なぜか参加しなかったのだが、『新貸本開業の手引』には、「吾等が新天地の将来を考へるとき、全国統一組合を結成し(略)状勢の変化に対応して業者の福祉を謀るべきは緊急の要務である」と組合結成の必要性を述べている。
 月刊で発行されていった新聞は、編集を中心的に担っていた中山の死や、貸本業の経営的後退とともに、隔月刊となり、やがて年数回発行というように遅滞し、最後の活版刷でもある第123号でいったん休刊となり、後にタイプ印刷で復刊したものの、不定期刊で継続しながら、94年1月発行の第174号で休刊になったとのことだ(大竹正春「同前」)。この間の時制を考えみれば、情況相として、あまりにも急激な変化を見てとることができる。紙面で、貸本業の営為の厳しさが日に日に押し寄せてくることが明白になっていくのは、わが国の資本制社会が表層的には成熟していったにも関わらず、基層部分では、その恩恵を受けられるシステムではなかったからだ。折からの六〇年安保闘争における理論的基軸が、独占資本との闘いだったことに、それは示される。
 紙面を概観してみれば、編集人・中山の熱い思いを込めたメッセージが、端にある柱部分に頻出するのが真っ先に強い印象を与える。「“貸本全連”は、相互扶助を根本理念とする。聖なる宗教と、その源は一つである」「“貸本全連”は、同志的結合によつて成立つ。革命運動と、その情熱の火は同じだ」(第22号)などは、苛烈だ。創刊号の記事には、「貸本業に自負を持て」というのもある。“志”を共同的に抱くという意味では、通例の組合組織とは明らかに違う位相を、貸本全連は持っていたということになる。貸本といえば、漫画本が主流のように思われやすいが、中心は大衆小説、雑誌だった。「大衆文学論」という連載記事が、第11号から13号まで掲載されていることからも、そのことが窺える。やがて、「漫画作家ベストテン」(第37号・60年9月)や「マンガ家のベストセラー東西番付」(第66号・63年2月)を掲載していき、貸本における漫画本の重要性が明確になっていく。どちらも、「時代物」ジャンルでは白土三平、平田弘史、小島剛夕の三人が、上位を占めている(ちなみにベストテンの方ではつげ義春が第十三位となっていた)。結成時から理事長だった田中利弥(享年59)が、67年2月に亡くなる。一面で訃報を伝える第101号の三面には、「『忍者武芸帳』映画化大ヒット」の記事がある。第102号が四ヵ月後に刊行され、以後、隔月刊となっていき、69年以降、新年号以外、広告は掲載されていない。漫画出版社の広告が“氾濫”していた時期との落差は、余りに大きい。十六年間、123号にわたる紙面を眺めれば、そこに戦後過程の〈像〉を極めて鮮烈に浮かび上がらせてくれている。その〈像〉を通してこそ、わたしたちの現在を考えていくべきではないかと、いま思っている。

(『図書新聞』10.8.14号)

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »