« 『思想の科学』五十年史の会 編『「思想の科学」ダイジェスト1946~1996』(思想の科学社刊・09.1.30) | トップページ | 「無頼(やくざ)」映画・断想―『仁義の墓場』を中心に »

2009年6月12日 (金)

塚本邦雄 著『歌集 水葬物語(復刻版)』(書肆稲妻屋刊・09.1.23)

 戦後短歌史において、岡井隆とともに多大な影響力を及ぼした塚本邦雄(1920~2005年)の衝撃的で記念すべき第一歌集の復刻版が刊行された。

  革命歌作詞家に凭りかかられてすこしずつ液化してゆくピアノ

 鮮烈な一首で開巻される歌集『水葬物語』は、いわば幻の歌集、あるいは伝説的な歌集といってよく、例えば、『現代歌人文庫 塚本邦雄歌集』(国文社・88年9月刊)や、『現代短歌大系7 塚本邦雄・岡井隆・葛原妙子』(三一書房・72年10月刊)などには、抄録としてそれぞれ20首、105首収められているだけだった(どちらにも、開巻の一首はない)。わたしは未見だが、書肆季節社から75年2月に、新装版歌集として刊行されたようだが、かなりの高額本だったと記憶している。他には『塚本邦雄全集 第一巻』(ゆまに書房・98年11月刊)に収載されているが、出版時の雰囲気を精緻に伝える本書は、見事な活版印刷と「袋綴じ一丁一丁へ入紙をほどこす」という和装仕立てを再現したことで、ひとつの“事件”だといいたくなるほどの出来栄えとなっている。
 原本は、51年8月の発行で、印刷者は、俳人高柳重信の十一歳年下の弟高柳年雄である。重信の第一句集『蕗子』(1950.8刊)とまったく同じ装幀、和装本で、百二十部限定版であった。発行所名は、伝説の同人誌『メトード』と同じメトード社となっている。扉には、「亡き友 杉原一司に獻ず」とある。『現代短歌大系11 新人作品・夭折歌人集・現代新鋭集』(三一書房・73年6月刊)に収載している杉原一司の略歴には、「一九二六年鳥取県(略)に生れ(略)歌誌『オレンジ』を経て(略)のち塚本邦雄ら、ごく限定されたる同志と『メトード』に拠り、鮮烈な方法論を展開したが、病のため一九五〇年初夏生地に夭折した。唯一の追悼文は塚本邦雄によって書かれた『定型幻視論』に収録」と記されている。
 寺山修司によれば、塚本と杉原の間で数多く交わされたであろう「文章体の書簡」に、初発の「方法論」が模索されていて、その結果、「言葉の錬金術師としての面を強調していた一詩人の出発」がこの第一歌集に表出されていると見ている。作家(表現者)にとって、〈初期〉の持つ意味は、大きい。その作家における〈初期〉性は、その後に展開されていく、表現水位を敷衍させる内実を持っているからだ。どんなに、大きな変遷を辿ったとしても、必ず、その〈初期〉へと視線を向けてみれば、到達したものとの繋がりが胚胎していることがわかるはずだ。
 そして、さらにいえば、『水葬物語』が、たんに第一歌集と括ること以上のものを有しているのは明らかである。以後の塚本邦雄の世界をみていくうえで重要な作品性が内在しているからだ。
 塚本邦雄については、例えば、次のような捉えかたが、最も象徴的であるとわたしには思える。
 「比喩や音数律をはるかに自在に操れることによって、短歌表現を近代の歌人たちが考えていたものより一段高次な次元に高めた。」「浪曼派の短歌から情緒的なところを排除して、それを技術的にとても高度なイメージの短歌にまで高めた。」(吉本隆明『現代日本の詩歌』)
 「彼が戦争時に信じていた一つの神話の崩壊は、同時にはじまった『戦後』という新しい状況にも易すくはまきこまれまいと身構えざるを得なかった……という自明の理の大前提にならねばならない。/一つの眠りから覚めるように醒めようとするあまり、べつの眠りに易すくおちこんでいく人たちを身近に見ながら、彼は『反抗者』の列に加わったのである。」(寺山修司「塚本邦雄論」)
 「未來史」という聯題のもと、「平和について」と題して始まる、巻頭の一首や、「墓碑に今、花環はすがれ戰ひをにくみゐしことばすべて微けく」という歌は、まさしく「『戦後』という新しい状況にも易すくはまきこまれまい」とする強い意志が込められているといっていい。師の前川佐美雄は、プロレタリア歌人として出発し、やがて保田與重郎らと親交を深め、日本浪漫派へと傾斜していき、戦争賛歌の作品を発表していった。終戦時、二十三歳の塚本が、「易すくおちこ」むまいとしたのは、当然であろうし、そのことの方法論として、吉本が述べているように、「浪曼派の短歌から情緒的なところを排除し」、「高度なイメージの短歌」を作り上げていったことは、この第一歌集から充分に、窺い知ることができる。

  黑き旗・旗 はためける荒地より深き睡りを欲りて巷へ(「鎭魂曲」)

  炎天の河口にながれくるものを待つ晴朗な僞ハムレット(「水葬物語」)

  ひとでらは昔抱きし軍艦のかの黑き腹戀ひつつ今日も(「寄港地」)

  割禮の前夜、霧ふる無花果の杜で少年同志ほほよせ(「LES POEMES
  DROLATIQUE」)

  夕映の圓塔からあとつけて來た少女を見失ふ環状路(「環状路」)

 巻末の自身による「跋」文で「この『水葬物語』九聯二百四十五首は、彼(引用者註=杉原一司のこと)が發見した種々の方程式による、僕のまづしい實驗の結果の一部にすぎない」と述べている。しかし、「まづしい實驗の結果」が、戦後短歌史に屹立する歌集になったことはいうまでもないだろう。

(「図書新聞」09.6.20号)

【書肆稲妻屋(リンク先参照)・定価4200円(税込)、梱包送料代300円】

|

« 『思想の科学』五十年史の会 編『「思想の科学」ダイジェスト1946~1996』(思想の科学社刊・09.1.30) | トップページ | 「無頼(やくざ)」映画・断想―『仁義の墓場』を中心に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『思想の科学』五十年史の会 編『「思想の科学」ダイジェスト1946~1996』(思想の科学社刊・09.1.30) | トップページ | 「無頼(やくざ)」映画・断想―『仁義の墓場』を中心に »