« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年10月25日 (土)

作家的膂力への照射――――齋藤愼爾 著『寂聴伝 良夜玲瓏』(白水社刊・08.7.25)

 希代の伝記作家・瀬戸内寂聴(晴美)の評伝を俳人の齋藤愼爾が著した。わたしは、これまで多くを読んできたわけではないが、評伝、伝記といったものに、あまり好感を持ったことはない。だが、そのなかでも最も印象深く残っているのは、著者も「あとがき」のなかで参考評伝のひとつとして挙げていたエリボンの『ミシェル・フーコー伝』(91年刊)であった。読み進めながら、『フーコー伝』を想起し、たちまち惹きつけられ、いっきに寂聴(晴美)の世界を疾走した。評伝というものは、どうしても私的領域を侵食していくという好奇な視線(エイズ死したフーコー、男性遍歴を過剰に喧伝された晴美というように格好の対象がどちらにも内在している)を持っている。『フーコー伝』はそうではない。フーコーの思想的足跡を丹念に辿った刺激的な評伝だった。同じように、本書もまた、寂聴(晴美)の作品や著作を丹念に読み解き、作品成立史といった観点を基軸に、そこからその作家の履歴を照射するという方法を著者は採っている。そのことは、評伝という枠を超えて、ひとつの作家(思想家)論といった相貌を獲得していくことになるといってもいい。
 また、吉本(隆明)親鸞論を敷衍しているかのような本書の章立てにも、わたしの関心は惹きつけられた。つまり「方位」、「未生」、「出立」、「啓示」といった章とともに、「往相」と「還相」という章が配置されていて、「往相」から最終章「還相」に至る時間性は、晴美から寂聴への転換を指し示していて本書の重要なモチーフを展開している。
 寂聴(晴美)は、本格デヴュー以前の少女小説や童話群を別とすれば、文学上の師でもあった小田仁二郎との関わりをもった私的小説群を出発点とした。作家の初期ということを問題にする時、そのことに多くの視線は注がれるのだが、わたしは、むしろ、初期作品が生み出された場所や原郷(出自)の場所よりも、最初の結婚による北京での体験が、寂聴(晴美)の内的深部に沈潜していたから、後年の作家的膂力が醸成されたはずだと考える。敗戦を契機に、日本に引き揚げてから、夫や子供と離別し、出奔していくことも含め、そこには、「敗戦期」ということが棘のように刺さったままの様態で、生きざるをえなかった宿運をみることができるように思う。
 「国家とか民族といった『神話』に呪縛された戦中派は敗戦の時点で、日本にいながら、一度は国家を外側(世外)から日本を凝視した世代だといえる。晴美がその典型で、(略)国家の無意味性を見つめた目が、国家と対立するのは必然であった。」
 だから、寂聴(晴美)が、「因習の厚い壁に向かって、身を以て孤独な戦いを挑み、純粋な生命の燃焼をとげようとした新しい女性たちの環につらなろうとし」て、他を寄せつけない評伝文学を屹立させることができたのだ。それは、岡本かの子、伊藤野枝、管野須賀子、金子文子、高群逸枝といった「社会の矛盾、理不尽な因習に抗う自由の渇望者たち」の生き方に自らの生と思念を重ね合わせることで、達成できた場所だったともいえる。

(『現代詩手帖』08年11月号)

| | コメント (0)

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »