« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »

2007年1月26日 (金)

「秋山清紀行 12」

 一九八〇年代後半から九〇年代前半にかけて、わが国はバブル景気に沸いていた。高度資本主義社会段階の到来が、社会主義という理想社会を超えてしまったといわれた。八八年九月、昭和天皇裕仁の容態が悪化。想像を絶する報道管制が敷かれていく。世情の高景気と天皇が崩御へと向かおうとしているなか、秋山清は十一月十四日、八十四年の生涯を閉じた。やがて、バブルが崩壊し前代未聞の低成長、景気低迷へ向かう。そしてソ連邦をはじめとした社会主義国家群は解体へと至り、世界はアメリカ一国支配へと変容していく。秋山が一貫して主張していたことは、そうした表層的な情況に左右されず、自分たちの立っている場所を見失うことなく凝視していくことだったように思う。かつて大正期のアナ・ボル論争について、アナキストの理想主義的な考えがボルシェヴィキによって異端視されていたと述べていたが、秋山だったら、現在のこの閉塞した情況のなかで、僅かばかりであってもその通路を見出そうとしたに違いない。社会主義の失墜が、まるで理想社会のイメージが喪失したことのように捉えるのは間違いであるというように。天皇の死の二週間後、八九年一月二一日、お別れ会が催された。一二〇名に及ぶ参列者全員が菜の花を献花して、秋山の死を惜しんだ。

(「秋山清ワールド・秋山清著作集Website」、『図書新聞』07.2.3号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »