« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月21日 (木)

うらたじゅん、西野空男、斎藤種魚 他『幻 燈7』(北冬書房刊・07.2.12)・斎藤種魚 著『コシヒカリの見た夢』(二級天使研究所刊・07.2.5)

 一年数ヶ月の時間をおいて、『幻燈』の第7集が刊行された。うらたじゅん、菅野修、山田勇男、西野空男、木下竜一、斎藤種魚という常連作家の作品群のなかに、新たに、海老原健悟が参加。また、湊谷夢吉の旧作「夏の雲」が、掲載されている。他に、現在、北冬書房のWebsiteで連載されている「つげ義春『旅写真』」の一部が再録、うらたじゅん、山田勇男、それぞれへのインタビュー、創刊された西野空男編集の漫画雑誌『架空』への宮岡蓮二の論評「『架空』を読んで」も収載されている。宮岡の『架空』への論評の骨子は、「つげ義春以後」の劇画・漫画表現とはなにかということだが、それは、そのまま、現『幻燈』誌にもいえることだ。確かに、つげ義春、つげ忠男、林静一といった作家たちによる、『ガロ』、『夜行』を通してなされた作品がもたらした表現の水位の衝撃は大きい。それは、いまだにひとつの塊りのようなものとして在りつづけている。だからこそ、『幻燈』は、「つげ義春」以後の以後として新たに創刊されたのだとわたしは思っている。そう、以後ではなく、ほんらいは“以後の以後”と捉える段階に達しているとみるべきなのだ。もちろん、大きな衝撃、大きな塊りを自らの表現水位に繰り込んでなされるべきであったとしても、もはや、つげ作品が生み出されていた情況と、現在の劇画・漫画表現が置かれている情況は、依然変わらぬ実相もあるとはいえ、大きな変容を強いられていることは確かなのだ。わたしは、『幻燈』誌に集う作家たちに、“つげ義春以後の以後”というかたちで、できるかぎり、その大きな塊りを相対化した地平に自らの表現を置くべきだと願っている。
 新参、海老原健悟の「偽眼」は、表題の持っている思惟的なものをとりあえず留保するとしても、独特の描線と展開させていく画像、そして配置されている詩語的フレーズが、見事な世界をかたちづくっている。
 うらたじゅんの作品は、二作品。未発表の旧作、「JUNE BIRTH DATE」は、柔らかな描線が、やや閉塞していく男と女の関係性を慰藉するように解き放っている。むろんそれは、うらたじゅんが持っている物語力といっても過言ではない。新作の「河原町のジュリー」は、いまでいうところ野宿者がモチーフになっている。作者がもっている時間性をつかむ構成力は、この作品でも見事に発揮されている。作品の背景は七〇年代中ごろか(映画『仁義なき戦い』の看板が描かれている)。作者自身の同時代的体験が作品の中に生かされているのかどうかということには、わたしは関心がない。ひとつ、いえることは、旧作と新作に流れている七年ほどの時間性を、わたしは注視してみたい。“以後の以後”ということに絡めていえば、「JUNE~」の方がかえって、「河原町のジュリー」より、〈自在度〉が深いことに思いがいく。格差や野宿者の問題は、現在が強いてくることの情況であるとすれば、それほどに、表現の問題もまた、だんだんきつくなっているということだ。うらたじゅんの新作は、作者の意図を越えて、そういうことを指し示しているといえるかもしれない。
 “つげ義春以後”と擬せられている作家・斎藤種魚の最新作品集『コシヒカリの見た夢』(一九八九年から二〇〇六年まで月刊誌「政経東北」に見開き二頁の連載を纏めたもの)は、自ら、“以後の以後”へと地平を切り開くべく、〈自在度〉を過激に駆使したかたちが示されていると、いっていいと思う。斎藤は、第7集においても、「ベートーベンの右耳とゴッホの左耳の間で戦争が起きた」を提示している。斎藤作品の特色でもある、言葉と画像の見事な意識的な融合が、ますます過剰になっていることに、支持したいと思う。たぶんそれは、延べ十七年間、月刊誌(様々な規制があるのは当然だ)という制約の中で、培われたことの達成だといえるはずだ。
 作品集『コシヒカリの見た夢』は、五系列に連なる作品群で構成されている。時間順に並べてみれば、「コシヒカリの見た夢」(八九年~九三年)、「えご」(九六年~二〇〇〇年)、「愛モード」(〇一年)、「死にたくない」(〇二年)、「センチメンタルアーミー」(〇三年~〇六年)となるが、集中、構成順は、「えご」、「センチ~」、「愛モード」、「死にたくない」、「コシヒカリ~」となる。多彩なタッチ、多様なモチーフを持った作品群を眼の前にして、作者の重心はどこにあるのだろうかと、考えてみる。むろん、そんな問いは愚問に過ぎないことは明白だ。誤解のないようにいえば、斎藤種魚は、自身が農業に従事しているからこそ描出できる世界というものを持っている。そしてそれは固有の世界をかたちづくるものでありながらも、やがて拡張できる世界でもあるのだ。だからこそ「コシヒカリ~」という一群の作品は、斎藤にとって最も重心がかかった物語として提示されているといっていいだろう。
 “米”というものは、生命の循環に似ている。それゆえ、天皇制は農耕的なのものに擬定せざるをえないのだ。斎藤は、あえて霊的なものを対置して、生々しい現実の天皇制に抗おうとしているかのようだ。
 「人には手がある/おのおのの手がある/おのおのの手が…/その手には過去をもつ/その過去ゆえに/その手はそのように変わらざるをえなかった」(「ひとめぼれ」―《コシヒカリの見た夢》)
 Mさんこと松田清治の手に秘められた不思議な力は、「土に触れば/土はどんどん肥沃になるあの力さえあれば/どんな水だって/どんな…」というものだ。自然対人間から生み出されていく力、それを霊力と呼ぶ人がいても、それは別に構わない。そしてそれが発生する不思議な場所から、現在という重い課題を引き受けて、斎藤種魚は、「EGO」や「悪路王子」という“不思議な”作品を描き出していることが重要なのだ。わたしはそのことに、素直に感動したいと思っている。

(『図書新聞』07.6.30号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

西川徹郎句集『決定版無灯艦隊―十代作品集』(沖積舎刊・07.6.1)

 わたしは、かつて俳句という表現形式に対していつも難渋な思いを抱いていた。つまり、短詩型であることが、どうしても自己表現というかたちをとりにくくさせていることを強いているのではないかと捉えていたのだ。それは、どこかで、主体というものを客体へと転換させていくことによってしか獲得できない地平が、俳句表現の内在的な必然だと理解していたからだ。
 雑誌「試行」誌上に、西川が主宰する雑誌「銀河系つうしん」の広告を見て、西川徹郎の名を認知していたからかもしれないが、後年、たぶん、「俳句空間」誌での、『秋桜COSMOS別冊 西川徹郎の世界』の告知を見て、入手し、作品に接した時が、西川俳句との最初の出会いだった。巻頭に配置された、「マネキンは、今、死にかかる―『桔梗祭』以後 五十句」の作品群は、わたしにとって、俳句形式に対する考えを破砕させるほど衝撃的なものだった。

 蕎麦の花マネキンはいま死にかかる
 ゆうぐれは銀河も馬も溶けている
 抽斗を出て来た父と月見している
 まひるの岸を走れはしれと死者がいう

 動態していく言葉の、深く降り立っていく場所は、主体が客体化されていくことを拒絶し、自身が確信する視線を屹立させる位相としてある。既に、第一句集『無灯艦隊』を上梓して十数年経ち、第六句集『桔梗祭』以後の作品であれば、それは当然の作家性としての在処であるわけだが、それにしも、「マネキン」という無機質なものと「死」という人間における最も本源的なものとの鮮烈な連結は、西川俳句が拡張された詩世界を獲得していくことを示しているのだと感得されたのである。
 極北の地にて、真宗本願寺派の寺の副住職の子として生まれ、やがて父の死後、自身もまた住職の道を歩み始める。いわばそのような環境のなかで生み出される作品の相貌が、ある種の「死」を換喩していくものとしてあることは、避けられないものだったかもしれない。だが、西川の場合、出自や環境へと安易に、作品表出の淵源を見做すことができないほど、独自の作品世界が発せられていることに、わたしたちは瞠目すべきなのだ。むしろそうした他者の視線とでもいうべきものを、初めから排したところから出立したというべきかもしれない。
 第四句集『死亡の塔』の「覚書」で、次のように記している。
 「私とは一体誰なのか、私とは一体如何なる生きものなのか、と問い続けることが、私を今日まで俳句という表現に駆り立ててきたと言っても過言ではないという事実をまず私は述べておきたい。」
 自存する方位と、表現が向けられていく共同的な環界との対峙する場所を措定することは、西川が最初期から現在までも持続して追究し切開していこうとするモチーフだったと、いえるはずだ。時に俳壇的なものや、自身に対する批評への鋭敏な感応は、俳壇的な場所や他者が共同的なるものを、無意識に、ある種の圧力ある「制度」として振る舞ってくるからであり、たんに自己の孤塁だけを安逸に堅持したいがためではないのだ。雑誌「銀河系通信」の巻末に配される「黎明通信」に記される激烈な言葉の数々は、したがって、西川自身の存在証明であり、「制度」的世界に対する宣戦布告であり、解体宣言なのである。
 今年の五月、旭川市に開館する西川徹郎文學館開設を記念して、第一句集の決定版として出されたのが本書である。あらためて、「無灯艦隊」と付された作品群に接してみて、最初期から一貫して今日まで濃密な世界を表出し続けてきたということを、率直な感慨として、驚嘆する以外なかったといっていい。

 海峡がてのひらに充ち髪梳く青年
 父よ馬よ月に睫毛が生えている
 死者の耳裏海峡が見えたりする
 沖へ沖へ 艦長の青くさい耳も
 全植物の戦慄が見え寺が見え
 海女が沖より引きずり上げる無灯艦隊

 ここにあるのは、通例の初期作品といった捉え方を解体させるほどの力感ある世界を提示していると見るべきである。わたしのような、いわば作品を作りださない、ただの鑑賞者に過ぎないものであるにもかかわらず、心奥が楔を撃たれるような感覚をもってしまうのだ。
 「てのひら」、「髪」、「睫毛」、「耳裏」、「耳」といった身体の中でも、感覚的な器官、場所を詩語として表出し、「海峡」、「月」、「沖」といった拡張された空間、つまり共同性の表徴と対峙させながら、主体を客体化させる視線(「梳く」、「生えている」、「青くさい」)を導入することで、さらに主体を際立たせて、作品世界を見事に屹立させていると、わたしなら理解したい。
 それは、“無灯”の艦隊として出艦させる先、つまり切実な言葉を紡ぎ出していく先は、「全植物」が「戦慄」する場所であり、さらには、自存を獲得するための戦う場所でもあることを宣していることを意味しているのだといってもいいだろう。
 西川俳句は、こうして、現在も、荒れ狂う海峡のただなかで、存在証明としての鮮烈な詩語たちを発し続けているのだ。

(『図書新聞』07.6.23号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

今津孝次郎 著『増補 いじめ問題の発生・展開と今後の課題 25年を総括する』(黎明書房刊・07.3.15)

 「いじめ」論議が、また再燃した感がある。昨年後半から、幾つか発生した自殺事件が、「いじめ」に起因していたからだが、「いじめ」という現象が、解消されえないものとして在り続けていることをわたしたちは、ともすれば忘れがちになっているといっていいかもしれない。再燃するという事態が、そもそもおかしいのだ。
 「いじめ」以前という括り方をすれば、幼少期におけるガキ大将を中心とした喧嘩や諍いは、誰もが、経験することであり、それが取り立てて“社会問題化”することはなかった。それらは、学校を中心とした閉鎖的な共同性で発生するものではなく、日常的な暮らしの空間と連動した場所で生起していたからである。諍いの後、帰宅しても親たちは、ある程度、どんな連中とそうなったかは理解できていたし、時間が経てば、諍いした相手と親密になる場合もあったのである。現況における「いじめ」は、明らかにそういった子ども同士の喧嘩や内輪もめといった位相を遙に逸脱したものになっているのは明らかだ。
 本書の著者によれば、いまだに「いじめ」論議のなかには、子どもたち同士の内輪喧嘩的位相に押しとどめておこうとする見解が、教育現場側の多くに、見受けられるそうだ。ある意味、責任の所在を曖昧化する、驚くべき実態というしかない。
 一九八〇年五月に起きた、いじめ苦によってマンションの十一階から飛び降り自殺した在日三世の少年の事件を端緒として、「いじめ」が社会問題化したと著者は捉え、この二十五年の経過を総括して本書の元版を〇五年十一月に刊行したが、その直後に著者のいい方でいえば、“第三の波”が起きたため、その後の一年ほどの事象に対する見解を緊急増補して、本書を改めて問うこととなったようだ。確かに、本書のなかで、著者も度々、記述しているが、この二十五年(正確には二十七年経ったことになる)、なにも「いじめ」という実態は変わらないし、現場の対処のし方も旧態のままだといっていいような気がする。むしろ、「いじめ」の実相は、高度消費社会の過剰さのなかで、携帯電話やインターネットの普及によって、ますます不分明で、陰湿度が深くなっているといえそうだ。文部科学省が、発表してきたここ数年の「いじめ」件数の減少は、現場からの報告の隠蔽だったことは、明らかな以上、依然、「いじめ」という現象は、大きな社会問題であり続けているということになる。
 本書の冒頭には、イギリスやオーストラリアなどの事例や取り組み方が、紹介されている。考えてみたら、「いじめ」という現象は、わが国、固有の問題ではありえず、アメリカの学校での銃乱射事件を想起するまでもなく、 事は、「いじめ」に象徴される様々な確執が、異様な事態を発生させていると捉えるべきなのだ。著者は、研究員として滞在したイギリスで得た印象を、次のように述べている。
 「(略)いじめを論じるには『人間に対する深い洞察』が求められるのではないか、ということであった。単に教育者や親としての立場から、周囲の批判を受けないように、ただいじめをなくすことだけに汲々とするような姿勢で、はたして問題解決になるだろうか。(略)問われているのは、表面的な対策ではなくて、『善』も『悪』も持ち合わせる人間そのものを見つめる深いまなざしを、まず私たち大人が培うことなのではないかと感じた。」(15P)
 本書で、多様な視角からの「いじめ」における「排除」と「拘束」といった見事な分析と問題の切開を提示できたのは、著者の、こうした「表面(外面)」性よりも、「内面」性へと注視していく考え方に支えられているからだ。そして、「いじめ」問題に対して“介入”していくことは、「いじめ」を無くすといった表層的なことではなく、それぞれの子どもたちの「自立」をはかっていくことだと著者はいう。つまり、「『自立』に向けた障害を一つひとつ取り除いていくこと」で、「『悪性』の攻撃性を回避する道」(165P)を探っていくことだと主張している。
 ここからは、わたしの幾らか浅薄すぎるかもしれない考えを述べてみる。「いじめ」という現象に対して、倫理的視線を持つのは、避けるべきではないかと思っている。善と悪、加害者と被害者といった二項対立だけでは、事の内在性に到達することはできないといっていい。本書のなかで、「加害者の家族」の手記が引例されていて興味深かったが、実は、「いじめ」加害者や、「いじめ」傍観者は、いつでも、「いじめられる」側に転位することができるという視線を持つベきなのである。本書で紹介されている事例を見て、「いじめ」という現象は、現在いかに重層的な様態を示しているかということが分った。二七年前の民族差別による「いじめ」というそれ自体、許されざる行為ではあるが、内実はある意味、明確だった。だが、現在の「いじめ」という現象は、「いじめ加害者」と「いじめ被害者」は、いつでも交換可能であって、「内面」的深刻さは、どちらも等価であるとわたしは思う。「いじめ加害者」へ重刑罰を付加すべきだという錯誤した論議は、排すべきだ。
 では、この先、「いじめ」という現象を後退させうる方途はあるのかと問われれば、明確に即答できないもどかしさはあるものの、著者も指向する「内面」性の通路を開いていくことを根気強く模索し続けていく他はないといっていい。

(「図書新聞」07.6.16号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

ノーマン・G・フィンケルスタイン 著 立木勝 訳『イスラエル擁護論批判 ― 反ユダヤ主義の悪用と歴史の冒涜』(三交社刊・07.3.10)

 イスラエル‐パレスチナ紛争は、依然、通路の見えない情況のなかにある。どちらも、和平、徹底抗戦の両面を揺れる様態を指し示しながらも、基底には拭いがたい憎悪の連鎖が潜在化しているからだ。漂流するユダヤ人という「神話」が、どこかでわたしたちの思考を規制していることもまた確かだ。この強力な神話は、さらに、ナチス・ドイツ下でのホロコーストにおけるユダヤ人大量虐殺という歴史的負の遺産が補強していく。
 かつて、わたしはバクーニンとマルクスの対立のなかに、奇妙な隘路があることに気付いたことがある。それは、“スラヴ人”バクーニンの激しいマルクス批判の底流に、マルクスの“ユダヤ系ドイツ人”としての行動様式に対する疑義があることだった。それは要するに、マルクスが「世の常の政治屋」(吉本隆明『カール・マルクス』)としての貌を、時としてせりだしていたからである。第一インターナショナルにおけるバクーニン派放逐は、その典型的なものだった。わたしは、なにもマルクスにおける“ユダヤ人的行動様式”を拡張して、すべてを論じたいわけではない。だが、第二次世界大戦終結後の国連総会でのいわゆるシオニスト指導者の“ロビー外交”は、見事に功を奏して、パレスチナの地に強引にユダヤ国家を構築したという事実は明白なことだといいたいだけなのだ(国連総会の分割決議案を受け入れながら、その後、強大な軍事力と経済力で国土を強引に拡張していったことは、徹底的に批判されなければならない)。もちろん、ここでは、漂流するユダヤ人という「神話」とホロコーストという近時の事実を“政治的素材”にしたことは、いうまでもない。本書の著者は、そういうユダヤ人の政治的ネゴシエーションの根拠を見事に破砕させている。
 「シオニズム運動が提出した一群の正当化理論は、シオニズムのイデオロギー的教条をそのまま受け入れ、パレスチナへのユダヤ人の『歴史的権利』とユダヤ人の『祖国喪失』が前提となっていた。たとえば、『歴史的権利』という主張は、ユダヤ人が元々パレスチナに生まれ、二〇〇〇年前に暮らしていたということを基礎としている。(略)パレスチナには二〇〇〇年のあいだ非ユダヤ人が暮らしてきたし、ユダヤ人は二〇〇〇年間よその土地に暮らしてきたのだから、このことを避けて通る限り、歴史的な主張とはならない。これが権利となるのは神話的・ロマン主義的な民族主義イデオロギーにおいてのみで、こんな権利を履行しようとしたら、めちゃくちゃなことになってしまう(実際にそうなっている)。」(16P)
 だから、著者によれば、イスラエル‐パレスチナ紛争は、実にシンプルなものだという考え方になる。「シオニズムがパレスチナにもたらした(略)不正義は明白であり、人種・民族差別の領域に持ち込む以外、答えようのないもの」であって、パレスチナ人の「自決権と、おそらく郷土への権利さえ否定」したものであるということになる。
 本書の著者は、両親ともナチ強制収容所体験をもつユダヤ系アメリカ人で、シカゴ・デュポール大学にて政治学の教鞭をとっている。訳者によれば、「ホロコーストやイスラエルにまつわる被害者イメージとその利権に群がるアメリカ・ユダヤのエリートに対し、厳しい批判を続けながら」、前著『ホロコースト産業』(〇四年、三交社刊)では、「主要なユダヤ人組織や著名人による『ゆすり・たかり』の実態を暴き出して」(「訳者あとがき」)、“アメリカ以外”で反響を呼んだとのことだ。わたしは、その前著は未読だが、本書の骨子もほぼ、同じ底流にあるといっていい。イスラエル政府権力に対する批判のすべてをユダヤ人全般への批判だとしてすり替えながら、“反ユダヤ主義”というレッテルを貼り、言葉狩りや思想弾圧(当然本書もまた、出版妨害を受け、十五ヶ月かかって、〇五年にカリフォルニア大学出版局から刊行にいたっている)を行うというアメリカ・ユダヤ人エリート(知識人・政治家・実業家)の実態は、恐るべきことである。いまや、彼らはイスラエル政府の政策を支持しているというだけで、アメリカのキリスト教右派勢力とも連繋しているのだそうだ。だから著者は躊躇なく、そのような反ユダヤ主義の乱用は、スターリン主義や、逆説的な意味ではなく、まったくナチズムと同様だと断じている(著者は、このことをユダヤ人エリートによる反ユダヤ主義の道具化だとしている)。 
 さて、本書のもうひとつの主眼は、ハーバード大法学教授のアラン・M・ダーショウィッツが著わした『イスラエルのための弁明』(〇三年刊)という全米に影響を及ぼすほどに大ベストセラーとなった本への徹底批判である。先行するイスラエル擁護本からの盗用・剽窃だけでなく、様々な事例がすべて根拠のない捏造であることを、仔細に指摘しながら、イスラエルのパレスチナに対する凄まじいまでの民族差別・弾圧の実態を暴露していっている。わたしなどは、だいたいのところは類推できていたが、ここまで具体的に明確な数字(民間人の意味のない犠牲者の数は、圧倒的にパレスチナ側にあることが示されている)や実態を例示されれば、イスラエル‐パレスチナ紛争というものは、二国間紛争といったものではなく、イスラエルによるパレスチナ地域へのホロコースト以上の残虐な侵略戦争だという認識をとらざるをえなくなる。精緻で膨大な資料を付随した本書は、これ以上ない最良の、イスラエル政府権力の蛮行に対する徹底的な批判書となっていることを、強調しておきたい。

(『図書新聞』07.6.9号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »