« 「つげ義春の初期(2)」 | トップページ | 小川和佑 著『名作が描く昭和の食と時代』(竹林館刊・06.4.20) »

2006年7月29日 (土)

「つげ義春的風景」

 かつては、温泉地を中心にかなりよく出かけていたものだったが、近頃は、旅行に出かけることが極端に少なくなってしまった。もともと賑やかな所よりは、関心のある社寺や宿場跡といった静かな場所を好んでいたし、仕事(二年前まで小さな書店を営んでいた)の関係で、長い休みが取れないため、北関東や信州、伊豆といった比較的近い場所を選ぶしかなく、だんだん行ける場所が限られてきたからだと思う。また、年齢を重ねるとともに、そういった関心が拡散してきたということもあるかもしれない。いまはむしろ、近辺を“散歩”するということで、旅に代わる未知の発見に出会う体験をしている。もともと、旅行では、目的地を観光するということよりは、“周辺”を散策して、新たな発見を期待するということの方が多かった。遠く、未知の場所に辿り着きながらも、なぜか、なんでもない家並み、路地、食堂、雑貨屋など、観光場所とは違うその町の日常的な暮らし場所とその土地の人たちとのわずかばかりの接近を通して、穏やかな気分とともに、落ち着いた気持ちになり、それで旅の目的が達せられたように思ったものだった。
 後になって、わたしは、このような気分にさせてくれた“風景”を、いつのまにか、「つげ義春的風景」と呼んでいた。漫画家・つげ義春には、いわゆる旅作品といわれる系列のものが多くある。そこで描かれている場所は、山奥の温泉場であったり、湯治場であったり、いわゆる鄙の場所がほとんどだ。それでも、登場する人物たちのユーモラスな振るまいは、なにか心豊かな生活力をもっているように感じさせてくれて、わたしを心地よい気分にさせてくれる。だから、旅先で出会う安穏な場所はいつも、つげ作品に出てくる場所のように思えてならないのだ。
 二十年以上前、信州・別所温泉に行った時のことだが、北向観音を見た後、遅めの昼食をとろうと、向かい側の階段を降りていった。途中に、不思議な佇まいの食堂があったので、入ることにした。客はもとより誰もいない。何度か呼んで、ようやく昼寝をしていたらしい年配の男性が出て来て、注文を受けてくれた。肉うどんをすすりながら、ビールを飲んでいたら、孫のような女の子が一人、楽しそうに座敷を駆けずり回って遊んでいた。他人の家に上がりこんでしまった招かざる客のような気分になったのだが、それでもなぜか、ほのぼのとした感じを抱いたことを、忘れられない思い出として、今も残っている。

(『Tsuchiつち』06・8月号)

|

« 「つげ義春の初期(2)」 | トップページ | 小川和佑 著『名作が描く昭和の食と時代』(竹林館刊・06.4.20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「つげ義春の初期(2)」 | トップページ | 小川和佑 著『名作が描く昭和の食と時代』(竹林館刊・06.4.20) »