« 『清水径子全句集』(清水径子全句集刊行会刊・05.2.27) | トップページ | 松岡祥男 著『猫々堂主人―情況の最前線へ』(ボーダーインク刊・05.8.24) »

2006年6月23日 (金)

「抒情の詩―清水径子讃」

 わたしは、かつて、四季派の詩人たちのような自然や草花をモチーフとした作品は苦手であった。なにか、生きていることから遠くへ離反していくかのような立ち位置に思えてならなかったからだが、そのことは、わたしの皮相な感受の仕方と捉え方に過ぎなかったと気づきはじめた時、早世した四季派の詩人たちと近い年齢に、わたしはなっていた。自然や自然の景物へ視線をめぐらせることは、実際に、“生きて在る”ことへの反照でなければならないと思い始めたのは、一人の詩人の詩篇に出会ったからであり、さらにそのことに、強く確信した思いを抱くことになったのは、清水径子の俳句作品に接してからである。
 「白い花」という一篇の詩がある。アナキスト詩人・秋山清が十五年戦争時に書いた詩である。後年、吉本隆明が、「日本の詩的抵抗の最高の達成」と評している詩だ。北寒のアッツ島に咲くヒメエゾコザクラという白い花を通して戦争というものへ抵抗の想いをそそぐ、静謐な詩篇である。声だかに反戦を主張することができない時代に、唯一の詩法として草花に託し、秋山はこの一篇を書いたといってもいい。もちろん、秋山にとって草花はなによりも愛しい存在であったからこそできたことだったのだ。
 そして、清水径子という詩人は、自然や草花に自分の“生きて在る”ことのすべてを込め、それを俳句形式に託して、「表現」してきた人だと、わたしは思っている。自然の景物を前にして、ただ立ち尽くすのではなく、それを自分の側に引き寄せ、自らの感応を通してまた、あちら側へ返すという膂力の様を、径子俳句は見せてくれているのだとわたしは思う。その時、自然や草花が生きている証しとなって屹立していくのだ。

 慟哭のすべてを螢草といふ(『夢殻』)
 転生の直後水色野菊かな(『雨の樹』)

 「慟哭」や「転生」という詩語を、わたしは衝撃をもって受けとめたことを、忘れることができない。それが、「螢草」や「野菊」という草花と連結されることで、硬質な抒情性を詠むものに感知させる。俳句がこんなにも、強い抒情を湛えることを、わたしは知らなかった。

 知つてしまふ事の淋しさ花野とは(『雨の樹』以後)

 老いや死は、誰にでも訪れることだ。しかし、実際にそのことを身を持って思い知る時、人はどのようにそれを感受していくことになるのだろうか。俳句という詩型への渇望をたえず持ち続けていた清水径子にあって、“淋しさ”とは、すべてへの鎮魂の思いを込めたものであると、わたしなら捉えてみたい気がする。

(『らん』32号・06.2.21)

|

« 『清水径子全句集』(清水径子全句集刊行会刊・05.2.27) | トップページ | 松岡祥男 著『猫々堂主人―情況の最前線へ』(ボーダーインク刊・05.8.24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『清水径子全句集』(清水径子全句集刊行会刊・05.2.27) | トップページ | 松岡祥男 著『猫々堂主人―情況の最前線へ』(ボーダーインク刊・05.8.24) »