« 三村晴彦 著『「天城越え」と加藤泰』(北冬書房刊・04.10.21) | トップページ | うらたじゅん、山田勇男他 著 『幻燈 6』(北冬書房刊・05.11.5) »

2006年6月 9日 (金)

大月隆寛 著『全身民俗学者』(夏目書房刊・04.9.1)

 最近では、テレビ番組(「BSマンガ夜話」)の司会者などでマルチな活動が目立つ大月隆寛が「民俗学者」という“肩書”をもっていることに留意しているひとは、あまりいないのではないかと思われる。たしかに最初の著書『厩舎物語』にしても、学としての「民俗学」がけっして焦点をあてない競馬の世界の、しかも裏方へ向けたフィールド・ワークだったが、わたしは、独自性と新鮮さにおいて出色な著作だと思っていた。そしていま、あえて、やや衝撃性を与えかねない〈全身民俗学者〉と題した本書を著者は提示する。一九九〇年から九七年まで発表された文章を収録した大月における初めての民俗学評論集成だ。しかし、大月にあっては“民俗学評論”といっても、わたしたちが一般に思い描く「民俗学」というイメージからは、やや遠い場所にあるものにフォーカスをあてている。だが、それはいってみれば、“民俗学的なるもの”がどういう位置付けにあるのかを考えてみれば分かることだ。「学」である以上、わたしたちが想起する場所とは、いつだってフォーカスのずれといったものを生じさせているのだ。たとえば、民間伝承といった研究を俎上に乗せたとして、果たしてその「民間」という概念をどう措定するのかといったことをかならずしも厳密に検証していくわけではない。いつも茫漠たる民俗学的前提があるだけなのだ。
 「民俗学的知性というのがあるとして、それはまず具体的なもの、小さなもの、微細なものに半ば手癖のように焦点を合わせてしまう五感を持ってしまったものであり、そのような五感のもたらす官能によってまず現実をかたちづくってゆくようなものである。
 それは、アカデミズムとジャーナリズム、学問と世間といった、それ自体は当たり前のような二文法をハナっから蹴飛ばしたところにいきなり現われるようなものでもある。雑然とし騒然ともした日々の流れに水泡のように湧き上がり、群れ集まってはいつか何かかたちあるものになってゆくような『教養』のかたち。説明つかないもの、来歴のわからない“もの”が静かに増えてゆく近代の過程の内側から、その“もの”の遍在と文字の遍在との間を繋いでゆこうとすれば、このような手癖の知性を志すことは確かにひとつの方法たり得る。」(59P)
 このような視線を抱懐する大月は、「学問の耐用年数」、「ジャーナリスト・柳田國男の志」、「未来を選ぶ『学問』」、「もう二度と『再生』などと言うな―柳田國男と民俗学の幸せな訣別のために」といった文章群のなかで、学としての「民俗学」的世界に対して厳しい楔を入れている。
 「ひとつの指針としてあり得ると思うのは、かつて柳田國男が『山の人生』などと言った時のあの『人生』の五感に対応するような、同時代の日本人の日常生活誌といったゆるやかなくくり方の中でどのような仕事ができるのかを考えることじゃないだろうか。」(129P)
 「(略)『柳田学者』の中にいわゆる『民俗学者』は含まれないのが常です。今、世間にどれだけ自称他称の民俗学者が存在するのか知りませんし知りたくもありませんが、少なくとも(略)肩書を『民俗学者』としてものを書き、(略)発言する人たちの間には、柳田國男について正面から語ることを潔しとしない雰囲気が未だ濃厚に漂っています。(略)民俗学者という看板をあげて世渡りする者の多くは程度や流儀は異なってもいずれ『地道』という民間信仰の信者であって、(略)良く言えば堅実、悪く言えば凡庸で了見の狭い人々であることが多いために、ご本尊の柳田國男とその仕事について世間に向かって世間が腑に落ちるようにきちんと語る言葉を獲得しようという余力を持てなかったという事情があります。」(157~158P)
 「民俗学の歴史とは、この国の民間学問システムの歴史に他ならない。それはそのまま、この国の民間人たちがどのような世界観で学問を構想していったのか、というまた違った近代史の範疇にある。民俗学の歴史とは実はそのような“方法の歴史”であり、(略)知識の社会史につながるものである。」(173~174P)
 「世間」というしかないもの(共同的感性から倫理性の意味あいを抜き取った位相として大月はこの言葉をしばしば援用している)、あるいは社会、俗世間、世の中、日常性といったくくり方からでは捉えきれないものへ“五感”をもった視線を向け、そこに遍在する「モノ」、「コト」を、大月ふうにいえば、“ことほぐして”なにが見えてくるのかということを開いていくことが、「民俗学者」・大月隆寛の「方法」であるとわたしには思える。
 このように、本書は、「教育」、「家族」、「事件」、「アニメ」、「食」、「住い」から「柳田國男」、「赤松啓介」、「平岡正明」まで多層、多様なモノ、コト、ヒトへと、まさしく縦横に大月の「世界観」をめぐらせた、「方法としての民俗学」評論集成なのだといっていい。

(『図書新聞』05.1.1号)

|

« 三村晴彦 著『「天城越え」と加藤泰』(北冬書房刊・04.10.21) | トップページ | うらたじゅん、山田勇男他 著 『幻燈 6』(北冬書房刊・05.11.5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三村晴彦 著『「天城越え」と加藤泰』(北冬書房刊・04.10.21) | トップページ | うらたじゅん、山田勇男他 著 『幻燈 6』(北冬書房刊・05.11.5) »